「生きるのに理由はいるの?」〜「津久井やまゆり園事件」が問いかけたものは〜 上映会申込み
日時2019年6月9日(日)

15:00 受付開始
15:15 上映会
16:15 澤監督を交えての意見交換会
18:00 終了予定

参加費  600円(カンパ)
定員  50名(要予約)


予告編
https://youtu.be/Dm9LnWKSYsM

事件に至る迄の植松聖(うえまつ さとし)被告の足跡をたどり、何故このような事件を起こしたのか?
植松被告の主張とはどのようなものか?
衆議院議長への手紙の内容を紹介する。

「 私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で
今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。
全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、
実行する決意を持って行動しました。」


事件直後、追悼集会で読まれた被害者の姉の手紙には
「この国には優生思想的な風潮が根深くありますし、すべての命は存在するだけで価値があるということが当たり前では ないので、とても公表するわけには行きません」と書かれていた。

植松被告と20回以上接見した、月刊「創」編集長 篠田 博之、元宮城県知事 浅野史郎、共同連代表 堀 利和のインタビューと山元加津子さんの作品「きいちゃん」の朗読を通して、

事件が社会に投げかけた問題の本質に迫る。

原案 堀 利和

編集・音効 諸橋一男

作画 鵜澤 夕希子

ナレーション 小野崎 桂, 佐久田 脩
        松野 芳子,永田 亮子,慶 星

協力 篠田 博之 「創 」編集部 社会評論社
   伊藤 勲
   山元加津子 アリス館 Vi-bo

企画・制作 澤 則雄

製作 津久井やまゆり園事件を映画化する制作集団

お名前 *
Your answer
連絡先(メールや電話など)定員に達した場合のみ連絡いたします。 *
Your answer
そのた(上映に関して必要な配慮)
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of Family-Takeuchi. Report Abuse - Terms of Service