第147回「つくば科学・技術産業イニシアティブ」申込フォーム
Tsukuba Science and Technology Industry Initiative : TSTI
令和3年1月28日(木) オンラインセミナー

共催:つくば科学・技術産業イニシアティブ、つくばサイエンスアカデミー
後援:つくば横の会、つむぎつくば
協力:卓越大学院プログラム・筑波大学柳沢先生
   (一社)サスティナビリティ技術設計機構(オンライン運営)
Email address *
議事次第
Ⅰ.18:00 開会    小玉会長

Ⅱ.講演とワークショップ形式・意見交換、 18:05 ~20:00

(1)講 演 18:05~19:30 (途中で質問OK、対話方式)
   テーマ 「科学技術イノベーション創出に向けた取り組み」(仮題)
    趣旨  新型コロナ禍のまっただ中、我が国そして世界を取り巻く環境は大きな変革がおきて
       います。この1年近く、急速に拡大する新型コロナウイルス対策で、国内外の産業・経
       済・社会の仕組みが大きく変わりつつあります。人々の接触を避け、効率よく  IoT、
       ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといった社会の在り方に影響を及ぼす新たな技
       術の進展が進んできており、我が国は、課題先進国として、これら先端技術をあらゆる
       産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していく新たな社会で
       あるSociety 5.0の実現を目指しています。
        今回の演者の久間氏は、現職の農研機構の理事長に就任する前の2013年からの5年間、
       内閣府・総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の常勤議員を務め、SIP、ImPACT、
       PRISM等の国家プロジェクトの創設と推進、「Society 5.0」をコアコンセプトとする第
       5期科学技術基本計画の策定に携わってこられた経歴をお持ちです。
        ご講演では、三菱電機や内閣府総合科学技術イノベーション会議において、久間氏が
       これまで戦略的に取り組まれてきたイノベーション創出のためのマネジメントについて
       ご紹介頂くとともに、現在、農研機構理事長として実践されている、農業・食品分野に
       おける「Society 5.0」実現等のイノベーション創出に向けた取り組みについてお話し頂
       きます。

(2)ワークショップ形式・意見交換 19:30~20:00
講師 農業・食品産業技術総合研究機構理事長 久間和生氏
久間理事長の略歴
 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 理事長

 前 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 常勤議員
 元 三菱電機株式会社 代表執行役副社長

 1949年 東京生まれ
 1972年 東京工業大学工学部電子工学科卒業
 1977年 東京工業大学大学院 博士課程電子物理工学専攻修了(工学博士)
 同年 三菱電機株式会社入社。中央研究所(現先端技術総合研究所)配属
     光ファイバセンサ、光ニューロチップ、人工網膜チップ、画像処理などの研究開発と事業化
     を推進。先端技術総合研究所所長、常務執行役開発本部長、専務執行役半導体・デバイス事
     業本部長を歴任
 2011年 代表執行役副社長として同社の発展に寄与
 2013年 内閣府総合科学技術会議議員(常勤)
 2014年 内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員(常勤)
 2018年4月から現職

  ・この間、カリフォルニア工科大学客員研究員、東京工業大学、大阪大学、神戸大学、慶應義塾
   大学等の客員教授、非常勤講師を歴任。
  ・光産業技術振興協会櫻井健二郎氏記念賞(1991年)、大河内記念技術賞(2000年)、発明協会
   全国発明表彰(2001年)、新技術開発財団市村産業賞(1996年)他を受賞。
  ・IEEEライフフェロー、OSA、応用物理学会(功労会員)、電子情報通信学会、計測自動制御学
   会(名誉会員)、レーザー学会の各フェロー。
  ・レーザー学会会長、国立研究開発法人協議会総括副会長、筑波研究学園都市交流協議会会長、
   日本工学アカデミー副会長。

    2013年3月から2018年2月まで「総合科学技術・イノベーション会議」の常勤議員として、
   内閣総理大臣、科学技術政策担当大臣のリーダーシップの下、各省を俯瞰する立場から、科学
   技術・イノベーション政策の企画立案及び総合調整に従事し、新たな国家プロジェクトSIP、
   ImPACTの創設と推進、Society 5.0のコンセプト構築等に貢献した。
    2018年4月から農研機構理事長に就任。産業界、農業界、大学、研究機関との連携を徹底的
   に強化し、農業・食品分野におけるSociety5.0実現のための科学技術イノベーションの創出を
   推進する。 
ご出席を希望される方は、下記、氏名、所属・役職、連絡先を入力し、1月25日(月)までに送信してください。
後日、当日のオンラインセミナーに参加するための事前登録用URLとその後の手順説明のメールお送りします。
氏 名 *
所属・役職 *
連絡先(電話番号) *
お問い合わせ
久野美和子 <miwako-kuno@nifty.com>
大 越 勝 男 <k.ohkoshi@epochal.or.jp>
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy