“Polaris” 6/15(金) イベントご予約フォーム
主催: 学生団体S.A.L.
共催:ヒューマンライツ・ナウ
国際協力の舞台でご活躍中の3名の方をお招きしたトークセッションイベントを行います。
現在のお仕事までの道のり、国際協力を仕事にする楽しさ、辛さなど、本音で語っていただきます。

<タイムテーブル>

16:30-17:30 各登壇者によるプレゼン

17:30-18:10 登壇者×学生のトークセッション

18:10-18:30 ダイレクトクウェスチョン

<登壇者>

・ 高遠菜穂子(たかとお・なほこ)さん
フリーランス・エイドワーカー。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年からインド、タイ、カンボジア、2003年よりイラク支援に専念。2004年人質事件に巻き込まれるが、その後もフリーランスの立場で、難民・国内避難民への緊急支援、学校再建、外科ミッションのコーディネートなどを行う。日本国内では紛争地の様子や戦争トラウマについて公演で全国をまわる。

・古川麗(ふるかわ・うらら)さん
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)中央アジア地域事務所。大学卒業後、外務省在外公館派遣員を経て大学院で学び、1995年駐日UNHCR事務所に入り日本の難民保護にたずさわる。1998年、JPO(ジュニアプロフェッショナルオフィサー)制度に合格しそのままUNHCRに。南東ヨーロッパ、近東、コーカサス、ジュネーブ本部、東南アジア勤務ののち、2017年よりカザフスタンを拠点に中央アジア5カ国の難民·無国籍者保護を担当する。

・米良彰子(めら・あきこ)さん
ハンガー・フリー・ワールド海外事業マネージャー。大阪出身。スポーツメーカーの海外営業部で働く傍ら阪神淡路大震災時より多言語放送局の立ち上げ・運営に携わる。その後アメリカで開発学で勉強し、カンボジアでフィールドワークを行う。帰国後は日本を拠点にアドボカシー・キャンペーン活動に関わり2015年6月より現職。現在はベナン、ウガンダ、ブルキナファソで栄耀改善と食料、農業の啓発活動に従事する。

お名前 *
Your answer
ご職業 *
(※学生の方) 学校名
Your answer
(※学生の方)学部
Your answer
(※学生の方)学年
このイベントをどちらで知りましたか。 *
1つお選びください。
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms