離婚後の子育てアンケート(事前)
あなたご自身について、該当する番号に印をつけてください。
性別
年代
属性
以下は、離婚当事者の方についてお伺いします。
あなた自身についてお答えください。
現在、再婚をされていますか。
離婚時に、面会交流について取り決めをしましたか。
取り決めしなかった、または、その他の理由
Your answer
上記で面会交流の取り決めをした方にお尋ねします。どのように取り決めをしましたか
離婚後、お子さんと同居していない親との面会交流はありますか。
面会交流が、「まったくない」あるいは「中断した」方にお聞きします。その理由は何でしょうか。
面会交流がある場合、どのような内容ですか。
面会交流の時間は平均何時間くらいですか
Your answer
面会交流の回数はどれくらいですか。
回数を記述してください
Your answer
元パートナーに関する評価:
元配偶者に関して、あなたとの個人的な関係を問わず、親としての役割だけを評価する場合、次の各項目にどの程度同意しますか?(あなたが離婚または別居を複数回経験している場合は、直近の離婚または別居について回答してください)
まったく同意しない
やや同意しない
ふつう
やや同意する
強く同意する
元配偶者のことを良い親だと思う
元配偶者は私たちの子供に大きな関心を示している
元配偶者は親としての責任を果たすことよりも自分のしたいことを優先する
元配偶者は私たちの子供の感情や欲求に敏感である
元配偶者は私たちの子供に対してとても忍耐強い
元配偶者は、私たちの子供の養育のためなら、自分を犠牲にすることもいとわない
元配偶者は私たちの子供のことで悩まされたくないと思っている
共同養育の姿勢:以下の質問では、配偶者との別離以降の親としてのあなたの考えについてお聞きします。各事項について、どの程度同意するか、または同意しないかを記入してください。
まったく同意しない
やや同意しない
ふつう
やや同意する
強く同意する
自分の育児能力に自信がある
元配偶者と分担した養育の内容について肯定的に受け止めている
子供は両親の離婚という状況に適応するために私の力を必要としている
離婚時の私の行動は子供に影響を与えると思う
両親とかかわることは、子供にとってよい効果があると思う
離婚後、さまざまな手段を利用して自分の家族を支える方法を理解している自信がある
私たちの子供にとって利益になる長所が元配偶者にそなわっていると理解している
元配偶者に対して、タイム・シェアリング(監護権)の問題について話す能力があるという自信がある
元配偶者と子供のことで意見が食い違う場合、話し合いができる自信がある
元配偶者と交渉する能力があるという自信がある
私たちの子供について話し合うときには、元配偶者の視点を考慮することが重要だと思っている
離婚に際して、裁判制度によって公平に扱われたと感じている
離婚に際して、元配偶者によって公平に扱われたと感じている
元パートナーとのやりとりにおいて、どのようなコミュニケーション手段を使用していますか?あなたと元パートナーとの間で利用しているコミュニケーション手段について、各項目のパーセンテージを示してください。(合計が100%になるようにしてください)
0%
20%
40%
60%
80%
100%
面と向かって
テキストメッセージ、電子メール、または手紙
電話
子供に元パートナーへの伝言をお願いする
その他(具体的にご記入ください):
合計
その他を選んだ場合具体的に
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google.