東日本大震災により発生したがれきの処理に関する要望書

和歌山市議会で震災がれきの受け入れ決議案が可決されました。

和歌山の子どもたちを放射能から守りたい、和歌山のおいしい農産物を守りたい、きれいな水を、空気を、土を守りたい。
そしてすべての子どもたちのために非汚染地域を守りたい。

6月12日、大橋建一和歌山市長は
「安全基準を定め、厳重な事前事後の検査を行うことで可燃物の
焼却を行うところまでは可能と考えている」とし、
「市民の理解を得ながら、この問題に早く解決の糸口を見いだしていきたい」と述べました。

この署名についての詳しい概要は
http://savealivingthingffor.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


署名団体:放射能から命を守りたい集いin和歌山
一次締め切り:4月30日
二次締切   6月20日

※個人情報は該当の署名活動以外には使用いたしません

    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question