Building Critical Capacities Through Environmental Injustice Case Study Research with Dr. Kim Fortun (UC Irvine) / 環境的不正義事例研究を通じたクリティカルな能力を構築する
December 7th, starting at 10:00am (JST)
Zoom Meeting
Simultaneous interpretation available

12月7日
10a.m.(JST)~
オンライン開催
英日同時通訳あり


ABSTRACT:
Addressing current and accelerating environmental injustice around the world will depend on students we are educating today. Students need to learn about many types of environmental hazards and how to quickly characterize the different contexts and communities impacted by them. They need experience working with different kinds of data and to develop sharp analytical skills (aware of the many ways data can be misused). They need to learn to collaborate, leveraging tools that allow them to connect with people in different places, with different perspectives. They need to become skilled and creative communicators, mindful of different kinds of audiences.

Cultivating this tangle of capabilities is the goal of my teaching (in an undergraduate course, “Environmental Injustice,” and in a MS program formed after the Fukushima disaster to educate a new generation of radiation health experts) and of the recently launched Beyond Environmental Injustice Teaching Collective. Student case study research -- done individually or in research groups -- focused on diverse communities and the environmental hazards they face is at the center of the effort. In this presentation, I’ll share the Environmental Injustice Case Study Framework and how we have mobilized it both in our classrooms and in the communities we study.   

現在、世界中で加速している環境の不公正に対処するには、今日の生徒の教育にかかっています。生徒は、多くの種類の環境災害について学び、それらによって影響を受けるさまざまな文脈や地域社会を素早く特徴づける方法を学ぶ必要があります。さまざまな種類のデータを扱った経験があり、鋭い分析スキルを身につける必要があります(データが悪用される可能性のある方法を認識しています)。異なる場所、異なる視点を持つ人々とつながることができるツールを活用して、共同作業を行うことを学ぶ必要があります。また、さまざまな聴衆を意識しながら、熟練した創造的なコミュニケーターになる必要があります。このような能力の絡み合いを育成することが、私の教育の目標であり、(学部生向けの「環境不正」コースと、福島原発事故後に結成された新世代の放射線健康専門家を育成するための修士課程)最近立ち上げられた「Beyond Environmental Injustice Teaching Collective」の目標でもあります。この取り組みの中心となっているのが、多様なコミュニティと彼らが直面している環境問題に焦点を当てた学生のケーススタディ研究(個人または研究グループで実施)である。このプレゼンテーションでは、環境不正事例研究のフレームワークと、私たちの教室と研究する地域社会の両方でどのように活用してきたかを紹介します。

キム・フォーチュン先生は、カリフォルニア大学アーバイン校の人類学の教授です。 彼女の研究と教育は、環境リスクと災害、データの実践と政治、実験的民族誌的方法と研究デザインに焦点を当てている。 これまでの研究では、さまざまな地理的・組織的文脈に属する人々が環境問題をどのように理解しているか、環境健康リスクの不均等な分布、環境健康科学の発展、災害の脆弱性に寄与する要因などを調査してきた。 現在は、実験的共同民族誌プラットフォームの支援を受けて、「Asthma Files」、「Quotidian Anthropocene Project」、「Transnational Disaster STS COVID-19 Project」など、さまざまな共同プロジェクトに取り組んでいる。フォーチュン先生は、ペンシルバニア大学出版局のために、学術研究を公共の問題や政策と結びつけ、世界のさまざまな地域の聴衆に届くようにデザインされた書籍シリーズ「Critical Studies in Risk and Disaster」を共同編集している。 2017 年 9 月~ 2019年 9 月、フォーチュン先生は、科学技術研究分野を代表する国際的な学術団体である科学社会学会の会長を務めた。
Name / 名前 *
Affiliation / 所属 *
E-mail address / メールアドレス *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 東京大学ECCSクラウドメール. Report Abuse