12月3日開催【ダイアログ×ミライロ協働記念 障害者週間緊急提言】コロナ第三波を迎え「誰も取り残されない社会」を目指して
≪2020年11月27日更新≫
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、記者会見をオンラインのみの配信に変更いたしました。
下記グーグルフォームにお申込みの方にURLをお送りいたします。

【日時】
2020年12月3日(木)10時~11時
【登壇者】
垣内俊哉(株式会社ミライロ 代表取締役社長)
志村季世恵(一社)ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表理事)
志村真介(ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン代表)
【参加費】
無料
【お申込み】
お申込みの方にオンライン配信用のURLをお送りいたします。


【ダイアログ×ミライロ協働記念 障害者週間緊急提言】
コロナ第三波を迎え「誰も取り残されない社会」を目指して

新型コロナウイルスの感染がふたたび拡大する中、外出や人との交流、コミュニケーションの機会が減り多くの人が不安や不便を感じています。同様に障害者も、急速な社会変化に対して生きづらさを抱えています。日常生活で障害者や自分とは異なる文化を持つ人々と接する機会が減ることは、彼らの存在を忘れ、障害者や社会的困難に直面したあらゆる人々が社会から取り残されてしまうことを意味しています。
しかし、価値観や働き方の多様化が加速する今、障害のある当事者こそ、多様で複雑かつ不透明な社会を切り拓くためのヒントを持ち得ているはずです。
新型コロナウイルスの感染拡大により分断が増す社会において、多様性がもたらし得る真の豊かさを実現するためには、「誰も取り残さない社会」が不可欠です。
そこで今回は障害者週間に合わせ、ダイバーシティ&インクルージョンを推進してきた(株)ミライロ代表取締役社長の垣内俊哉氏と、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」をはじめとするダイアログシリーズを展開する志村季世恵・真介より、両社からの【コロナ禍における「誰も取り残さない社会」】への緊急提言を行います。
なお、(株)ミライロと(一社)ダイアローグ・ジャパン・ソサエティはこの度、多様性が尊重され、誰もが活躍できる社会の実現に向けて、パートナーとして協働することといたしました。「ユニバーサルマナー検定1級」の合格資格の一つとして、受講者自らが体感することで、感受性をより豊かにすべく、体験と対話に重きを置く「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」「ダイアログ・イン・サイレンス」が加わりました。2社にとっては、価値観の多様化とオンライン化が進み、対話の重要性が叫ばれる中、withコロナ時代の新たなチャレンジとなります。2030年のSDGs目標である「誰も取り残されない社会」の実現に向け、歩みを進めてまいります。
Email address *
貴社名 *
お名前 *
お電話番号 *
【リアルご体験ご希望の方のみご回答ください】東京・竹芝でダイアログが展開する「ダイアログ・イン・サイレンス」ご体験ご希望の方はチェックしてください。日程を後日ご相談させていただきます
その他、ご質問等ございましたらご記入ください
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy