第2回HRテクノロジーシンポジウム

HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)は発展し続けるHRテクノロジーは法律上どこまで活用することができるのか?をテーマにセミナーを開催します。欧米の動向含めての現状の「HRテクノロジー×法律」の問題点・課題点を中心に個人情報・プロファイリング等に詳しい弁護士の板倉先生とHRテクノロジーを発展する上で現状グレーゾーンで進む中でも、大切にしておかなければ行けない法の思想・考えなどを慶應義塾大学の山本先生にお話いただきます。その後、「HRテクノロジーを更に発展させるために、事業社・利用企業はこの問題にどう取り組むべきか」などをテーマに、ビズリーチ執行役員・関氏、リクルートワークス研究所・清瀬氏を招いてパネリディスカッションを行います。


以下、セミナーの詳細です。
------------------------------
【第2回HRテクノロジーシンポジウム】

■タイトル:発展し続けるHRテクノロジーは法律上どこまで活用することができるのか?
~ 知っておくべき!「HRテクノロジー×法律」の未来 ~

■開催日時:2017年3月2日(木)19:00~21:00(18:30 open) 21:00~懇親会

■会場:株式会社ビズリーチ  
■東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 12F 各線渋谷駅より徒歩4分

■参加費: LeBAC会員¥2,000 / 一般¥4,000 / 慶応義塾大学ビジネス・スクール学生¥2,000

■定員:60名

■当日のプログラム
◆スケジュール・テーマ
はじめに+現状のHRテックの動き(おさらい 19:00~19:05
司会:株式会社ビズリーチ HR研究所 / LeBAC上席研究員 金澤 元紀 氏

講演① 19:05~19:35
講師:板倉 陽一郎 氏(弁護士)
【テーマ】現行法やプロファイリング規制などを踏まえて、HRテクノロジー利用で何が問題となるのか?

講演② 19:35~20:05
講師:山本 龍彦 氏(慶應義塾大学法学部教授)  
【テーマ】AIやビックデータが活用される時代に、法が守るべき『本質』とは何か

パネルディスカッション 20:15~21:00
パネリスト:関 哲 氏(ビズリーチ執行役員)、清瀬 一善氏(リクルートワークス研究所) 
【テーマ】HRテクノロジーを更に発展させるために、事業社・利用企業はこの問題にどう取り組むべきか

HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)の紹介 21:00~21:05
LeBAC事務局・山田 隆史

◆21:05~懇親会

■主催:HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)http://lebac.jp/

============================
※お申込み者多数の場合、LeBAC会員を優先させて頂くため、
非会員の皆様のご参加をお断りする場合がございます。
何卒ご了承くださいませ。
※プログラム内容は変更になる場合がございます。
============================

    This is a required question
    This is a required question
    Must be a valid email address
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question