生殖医療における胚操作に関する実態調査
2022年よりこれまで保険適用外であった体外受精、顕微授精が保険適用になりこれまで以上に不妊治療(生殖医療)のニーズが高まることが予想されます。
生殖医療で、胚操作業務に従事されている胚培養士の皆様に業務で使用するデバイス(ピペットマン)の実態を調査する事で、現状の課題や問題点を把握したいと考えております。
お忙しい中お手数をお掛け致しますが、下記調査にご協力いただけますと幸いです。
医療機関名
氏名
役職
胚培養士歴
Clear selection
性別
Clear selection
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy