初めて舞台芸術を観る人に贈る「ギフトチケット」に関するアンケート
回答期間:2020年11月1日~11月30日

舞台芸術の観客が増えるためには、初めて観る人が「自分に合ったものとハズレなしで出会う」という成功体験が重要だと考えています。逆に言えば、舞台芸術ファンとは、この幸運な体験をすることが出来た限られた人ではないでしょうか。

劇場に足を運ぶ人を増やすためには、この成功体験を最初に味わうことが重要です。それを実現するため、相手の趣味嗜好を知っている身近な人が、相手にマッチした作品のチケットを贈る方法があるのではないかと考えました。

ステージ数が限られる舞台芸術では、人気作品はファンによって早々に完売し、初めて観る人は観劇する機会自体がありません。それ以外の作品でも、観劇日時を早くから決めなければならないことが、大きなハードルになっていると思います。

もし、観劇する権利だけを先に購入し、実際の日時指定はあとからゆっくり出来るチケットがあったらどうでしょう。初めて劇場に足を運ぶ人のためには、そんなチケットがあってもいいのではないでしょうか。さらに、劇場に足を運んでみたくなるような、特典が付いていてもいいのではないでしょうか。

そんなチケットを企画するために、観客の皆さんのご意見をお聞かせください。「U-25」という券種があることで若い社会人への割引があること、「託児サービス」があることで子育て世代も観劇出来ることが広まったように、チケットの券種はそれ自体がメッセージだと思います。

個人が特定される質問はありませんので、率直なご意見をお聞かせください。

アンケート実施:fringe http://fringe.jp/
助成:公益財団法人セゾン文化財団
Q1:あなた自身は舞台芸術で、「購入する枚数だけ先に確保し、日時指定は本番数日前まで可能なチケット」があれば、使ってみたいと思いますか。 *
Q1-2:「場合によっては使ってみたい」と回答した方へ。それはどんな場合でしょうか。
Q2:あなたには、相手の趣味や嗜好をよく理解している家族や友人がいますか。 *
Q2-2:「いる」と回答した方へ。このチケットをご自身ではなく、その家族や友人の都合に合わせて贈ることが出来るとしたら、プレゼントに使ってみたいですか。
Clear selection
Q3:このチケットを購入者以外でも使えるとしたら、不正転売を防ぐための仕組みが必要ですが、賛同する方法はどれですか。 *
Q4:日時指定の締切はどれが妥当だと思いますか。 *
Q4-2:日時指定の締切までに回答したのに、席が確保出来ずに第2希望を求められることは許容出来ますか。(5段階から選択) *
状況によっては仕方がない
このチケットではあり得ない
Q5:購入する権利だけ先に確保し、日時指定は本番数日前まで可能にすると、通常の前売券より価格が上がると思いますが、どの程度まで許容しますか。まず、「前売完売するような人気公演の場合」でお答えください。 *
Q5-2:同様に「当日券でも入れるかも知れない公演の場合」でお答えください。 *
Q6:購入する権利だけ先に確保し、日時指定は本番数日前まで可能に加え、どのような特典が付いていれば、プレゼントに使いたいと思いますか。(複数選択可) *
Required
Q6-2:上記でチェックした特典が実際に付いていれば、価格はどの程度まで許容しますか。まず、「前売完売するような人気公演の場合」でお答えください。 *
Q6-3:同様に「当日券でも入れるかも知れない公演の場合」でお答えください *
Q7:プレゼントに使う場合、プレゼントする側にもなんらかの特典があったほうがよいと思いますか。 *
Q7-2:「思う」と回答した方へ。それはどんな特典でしょうか。(複数選択可)
Q8:舞台芸術を観たことがない人にとって、その作品がオススメかどうか、最初の1本にふさわしいかどうかの観点での記事や情報が不足していると思いますか。 *
Q9:舞台芸術を観たことがない人を劇場へ誘うために必要なことはなんだと思いますか。ご自由にお書きください。
Q10:あなたのお立場を教えてください。 *
Q10-2:あなたの性別を教えてください。 *
Q10-3:あなたの世代を教えてください。 *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy