2019年11月9日シンポジウム「デジタル時代のシティズンシップ教育」参加申し込み
ユネスコMIL企画 ユネスコ・グローバルMILウィーク2019企画 Part2
 シンポジウム デジタル時代のシティズンシップ教育
 ―情報モラルからデジタル・シティズンシップへ―

今日、世界的なソーシャル・メディアの普及に伴い、デジタル時代のシティズンシップ教育、すなわちデジタル・シティズンシップ教育がユネスコをはじめとする国際機関や欧米を中心に世界各国で進められつつあります。そして日本でもデジタル・シティズンシップ教育が少しずつ報じられるようになりました。今回のシンポジウムは情報モラル教育とシティズンシップ教育の二つの分野から日本におけるデジタル・シティズンシップ教育の可能性をテーマに学校現場および教育政策の視点から議論します。

主催 法政大学図書館司書課程
共催 日本デジタル・シティズンシップ教育研究会
   岐阜聖徳学園大学教育学部 芳賀研究室
   アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター
   日本シティズンシップ教育フォーラム
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 大内山校舎Y505教室
   工事中のため、ボアソナードタワー側からお入りください。
   キャンバスマップ
資料代 1000円 (法政大学教職員および学生・院生は無料)

コーディネーター 村上郷子(法政大学)
問題提起者
   坂本旬(法政大学)
   小玉重夫(東京大学)
シンポジスト
   豊福晋平(国際大学)
   芳賀高洋(岐阜聖徳学園大学)
   今度珠美(鳥取県情報モラルエデュケーター)
   河合知成(法政国際高校)
   木村真冬(お茶大附属中)
   小栗英樹(文部科学省教科調査官)

タイムテーブル(予定)

13:00 開会の挨拶
13:10 問題提起「デジタル時代のシティズンシップ教育」

坂本旬
 シンポの趣旨説明
 世界のデジタル・シティズンシップ教育の現状
小玉重夫
 デジタル時代のシティズンシップ教育を考える

14:10 各シンポジストから15分ずつ
情報モラルからデジタル・シティズンシップへ

芳賀高洋(情報モラル教育からDC教育へ)
今度珠美(DCの視点からの情報モラル教育の試み)
豊福晋平(DCのカリキュラムと教育実践)

14:55-15:05 休憩

シティズンシップからデジタル・シティズンシップへ
河合知成(高校の現場から)
木村真冬(中学校の現場から)
小栗英樹(文部科学省から)

15:50 ディスカッション
16:50 終わりの挨拶
17:00 終了
Email address *
お名前 *
Your answer
お名前のふりがな *
Your answer
ご所属等 *
Your answer
メールアドレス *
Your answer
分類 *
関心のあるテーマ *
その他連絡したいこと
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy