【申込フォーム】医科歯科連携研究会
※この研究会は、保険医協会・保険医会の会員限定の企画になります。
 未入会の先生は、ご自身の地域の保険医協会・保険医会へのご入会が必要です。
 ↓↓↓東京歯科保険医協会の入会に係る資料請求はこちら↓↓↓
  https://www.tokyo-sk.com/merit/merit01/
(東京の歯科医師以外の方は、地域の 保険医協会・保険医会 へお問い合わせください) 

【テーマ】
認知症の診断と歯科インプラント治療

◆医科
(講師:粟田 主一 氏 東京都健康長寿医療センター研究所 認知症未来社会創造センター・センター長)
「認知症の診断・治療と共生社会の実現に向けた取り組み」
認知症の中核概念は大脳の病的変化、認知機能障害、生活障害という3要素によって構成されるが、同時に多様な精神的・身体的健康問題や社会的課題が併存して臨床像が複雑化する点に特徴がある。認知症医療の根幹は、背景病理を踏まえた認知症疾患の診断・治療とともに、複雑化の進展を予防することであろう。必要な社会的支援へのアクセシビリティを高め、共生社会の実現を推進することが新しい時代の認知症医療の責務である。

◆歯科
(講師:春日井 昇平 氏 総合南東北病院顎顔面インプラントセンター・センター長)
「歯を失った場合の治療法:歯科インプラント治療について」
歯を失った場合の治療法として、骨にインプラントを埋めておこなう補綴治療(インプラント治療)は、ブリッジや可撤性義歯を用いる治療と比較して、補綴物の維持保持に優れ、残存歯に負担をかけないことが利点である。一方、健康状態に何等かの問題がある場合、歯周病がコントロールされていない場合には適さない。治療費が高額であり、治療期間が長いこともインプラント治療の欠点である。

【日時】
11月19日(日)14時00分~16時30分

【会場】
東京保険医協会セミナールーム (東京都新宿区西新宿3-2-7KDX新宿ビル4F  )
またはZoomウェビナーを用いたライブ配信
<会場・アクセスマップ:アクセス | 東京保険医協会 (hokeni.org)
※JR山手線の内回りの池袋~渋谷~大崎間で運休があり会場参加時はご注意ください。
外部リンク:渋谷駅 山手線内・外回り線路切換工事に伴う列車の運休について (jreast.co.jp)

【参加条件】
協会の会員、当該診療所のスタッフ
※会員限定の研究会となるため、登録内容を照会し、万が一会員確認ができない場合は参加できません。

【定員】
東京保険医協会セミナールーム:30名、Zoomウェビナー:500名
※会場参加の場合、先着順になりますので状況によりお受けできない場合があります。

【参加費】
無料(※未入会の場合はご入会が必要です)
※ZOOMウエビナーに登録できるメールアドレスは、会員1名につき1アドレスです。

【留意事項】
会員限定の研究会になるため、登録内容を照会し、万が一会員確認ができなかった場合は研究会に参加できません。

【問い合わせ先】
☎03-3205-2999(医科歯科連携研究会・担当)

Sign in to Google to save your progress. Learn more
Email *
参加形式 *
申し込み締切:11月12日(日)までにお申し込みください。
Next
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of dentalbook.jp. Report Abuse