日本国際観光映像祭 参加申込フォーム
インバウンド3,000万人時代の鍵は「観光映像」にあり!
映像による観光プロモーションの最新事例が学べる
日本初の「国際観光映像祭」が大阪で初開催。
〜国内外230作品の中からノミネート上映作品が決定!〜

日本国際観光映像祭実行委員会(代表:木川剛志 和歌山大学)は、3月13日水・14日木の2日間、
大阪・梅田の大阪工業大学梅田キャンパス 常翔ホールにて、日本初の国際観光映像祭を開催します。参加は無料、入場は自由です。

最新プログラム・タイムテーブルはこちら
https://bit.ly/2IjtacT


世界各国からエントリーされた約150作品、国内約100作品の中から厳選された約40作品をノミネート作品として上映いたします。 加えて、映像制作の最前線で活躍するクリエイター、観光プロモーションの研究者、観光DMOの幹部などが、「映像を使った観光プロモーションのあり方・未来像」を議論するパネルディスカッションも合わせて開催いたします。

映像を使った町おこしは、いかにして可能か? 国内外の最新事例から、インバウンド全盛時代のヒントを見つけてください。

同イベントは、世界トップクラスの観光映像祭 ART&TUR(ポルトガル)とも提携。本イベントでグランプリに選ばれた作品は、本年10月に行われる世界大会にもエントリーされます。

開催目的
日本の将来を担うと言われる観光産業。インバウンド3,000万人を突破した近年において、プロモーションの鍵になるのは土地の魅力を直感的に伝える「観光映像」です。見た人に興味をもたせ、来訪需要を高める動画とはどのようなものか? 観光映像のあり方、デジタルマーケティングの今後のあり方、海外諸国との相互誘客のあり方とは?

世界各国からの応募作品を厳選し、上映。レベルの高い映像からエッセンスを学ぶとともに、制作・プロモーションに関わる第一人者の議論を展開し、観光の未来を考える。

対象:観光関係事業者(自治体・ホテル・旅館・テーマパーク)、映像クリエイター、学生

開催日時
2019年3月13日 ( 水 )および14日(木) 10:00 〜 18:00(予定)

※表彰式は3月14日(木) 14:30〜16:00に行われます。こちらもぜひご覧ください。


参加費
無料・入場自由

申込方法
本フォームよりお願いいたします。
(参加無料・入退場自由)

会場
大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー3F 常翔ホール
大阪市北区茶屋町1-45 (鉄道各線「梅田駅」「大阪駅」から徒歩約3-5分)
https://goo.gl/maps/h5fca6iT4mF2

主催
日本国際観光映像祭実行委員会 (代表 和歌山大学 木川剛志)
(構成:和歌山大学国際観光学研究センター , 摂南大学 , 事務局: 大日本印刷) 

共催
和歌山大学観光学部, 観光映像プロモーション機構設立準備委員会

運営
株式会社のぞみ(SAKE Spring)

協力
All About Japan

後援(申請中を含む)
観光庁, 近畿総合通信局, 公益社団法人 北海道観光振興機構, 一般社団法人 東北観光推進機構, 一般社団法人 中央日本総合観光機構, 一般財団法人 関西観光本部, 一般社団法人 せとうち観光推進機構, 一般社団法人 山陰インバウンド機構, 一般社団法人 九州観光推進機構, 一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー, 一般社団法人 ブランド戦略研究所, 株式会社国連社

Email address *
お名前(必須) *
Your answer
メールアドレス(再)(必須) *
Your answer
ご所属・肩書など
Your answer
連名で申し込まれる場合は他の方のお名前をお書きください。 その他、ご質問やご意見があればお書きください
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service