STS Network Japan 夏の学校 2015「変容する世界像:科学・社会・芸術の脱魔術化と再魔術化」参加登録フォーム

***日程が9月13日(日)〜15日(火)に変更になりました***
参加登録の〆切は9月12 日(日)です。
懇親会参加を希望されない場合、当日参加も可能ですが、できる限り事前参加登録を行っていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
STS Network Japan 夏の学校 2015
「変容する世界像:科学・社会・芸術の脱魔術化と再魔術化」 開催のお知らせ


*概要*

日時:9月13日(日)〜15日(火)
場所:京都大学文学部新館地下1階大会議室
定員:50名
対象:近現代における科学と社会を包摂するグローバルな世界像の転換(近代化論や世界像制作の方法・理論)に興味を持つ学生・研究者、また一般にSTSに関心のある学生・研究者(STS Network Japan会員の必要なし)。
申し込み期間:9月12日(土)まで受け付けております。
参加費:無料
実行委員:丸山善宏(京都大学白眉センター・文学研究科/Oxford大学数理・物理・生命科学部)
後援:科学史学会・普及委員会


*趣旨文*

今回のテーマは「変容する世界像:科学・社会・芸術の脱魔術化と再魔術化」というもので、科学と技術の近代化/現代化によるグローバルな世界像の変容というものを、単に科学や技術の領域に留まらず、社会や芸術までをも含む総体としてのこの世界全体の問題として捉えたい、という眼目の下に企画されています。ウェーバーは世界の「脱魔術化」という形で近代性というものを捉えようとしましたが、そのような傾向は単に一般社会の近代化だけではなく、例えば数学の近代化にも当てはまるという議論が存在します。またカッシーラーの、「実体概念」から「関数概念」への重点のシフトという、近代の変革期の只中における科学認識の変容もまた、「関数概念化」という形で近代性というものの一つの特質を捉えているように思われます(そして数学や物理学の近代化と芸術の近代化の間には「関数概念化」という点において平行関係が存在するという考えが或は可能かもしれません)。さらに近年では、脱魔術化の反動/揺り戻しとしての、社会や科学の「再魔術化」ということが盛んに問題とされるようになってきています。そういった世界観形成の最新理論までをも考慮した上で、近代以後の世界の変容を捉えるための統合的視座を追求し、現代において可能なグローバルな世界像の在り方を探ってゆくことで、この現在でも変容し続ける捉え所の無い世界の不確かな将来を、人類が統合的な世界認識を失うことなく生きてゆくための礎としたいと考えています。


*招待講演/パネリスト*

シンポジウムの講演者として、林晋教授(京都大学文学研究科)、シンポジウムのパネリストとして、浅田彰教授(京都造形芸術大学)、平川紀道氏(現代アーティスト)を予定しています。


*STS Network Japan 夏の学校 2015「変容する世界像:科学・社会・芸術の脱魔術化と再魔術化」*

1日目:9月13日(日)

*夏の学校開始前に,13時から14時まで,STS Network Japan 総会(会員のみ参加)を行います*

個別発表(司会:丸山善宏・菅原裕輝)
14:00 - 14:10 丸山善宏(京都大学白眉センター・文学研究科)「趣旨説明」
14:10 - 14:50 菅原裕輝(国立循環器病研究センター)「統一的世界像の制作:脳神経科学の脱魔術化と再魔術化」
14:50 - 15:30 小山俊士(早稲田大学人間科学学術院)「コンピュータによる図形認識と高エネルギー物理学」

15:40 - 16:20 坪井あや(東京大学Kavli IPMU)「失われた領域を求めてー基礎科学(数学・理論物理)x Art x 哲学」
16:20 - 17:00 岡本哲明(東北大学)「『安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会』を支えた専門知識の分析」

17:10 - 18:40 STSラウンドテーブル

     *

2日目:9月14日(月)

個別発表(司会:丸山善宏・菅原裕輝)
10:00 - 10:30 Kyle Thompson(京都大学文学研究科)"Planning and Uncertainty: An Ambiguity of Modernity?"
10:30 - 11:10 樋口敏広(京都大学白眉センター・法学研究科)「『人類の時代』における『地域性』」

*Lunch Break*

「変容する世界像」シンポジウム(司会:丸山善宏・菅原裕輝)
13:00 - 13:10 丸山善宏(京都大学白眉センター・文学研究科)「趣旨説明」

13:10 - 14:10 林晋(京都大学文学研究科)「『文化史としての科学史・技術史』を通してみる近代化とモダニズム」

14:20 - 15:00 丸山善宏(京都大学白眉センター・文学研究科)「変容する世界像:科学・社会・芸術の近代化論」

15:10 - 18:10 パネル:浅田彰(京都造形芸術大学)、平川紀道(現代アーティスト)

懇親会

     *

3日目:9月15日(火)

個別発表(司会:丸山善宏)
10:00 - 10:40 藤吉隆雄(北海道大学理学研究院)「少年マンガに見る科学者像の変容:少年サンデーと少年マガジンの50年を通じて」

10:40 - 11:20 伴睦久(京都大学総合生存学館)「TBA」

*Lunch Break*

「数学と物理の哲学」ワークショップ (司会:丸山善宏)
13:00 - 14:00 浦本武雄(京都大学数理解析研究所)「正規言語の代数的研究の近年の進展について」
14:00 - 14:40 高三和晃(京都大学理学研究科)「現代物理学における『左』と『右』」

14:50 - 15:50 森田紘平(京都大学文学研究科)「構造主義的世界像:哲学・数学・物理学」

16:00 - 17:30 PoMPラウンドテーブル


*連絡先*

ご不明な点やご要望があれば下記問い合わせ先までメールでお問い合わせください。
stsnj.summer■gmail.com
(■を@に置き換えて下さい)

    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question