門田隆将さん&藤重太さんと行く! 白駒妃登美台北ツアー♬
◆イベント名:門田隆将さん&藤重太さんと行く! 白駒妃登美台北ツアー♬

◆日付:令和2年1月13~15日 (2泊3日)

◆集合:現地集合(台北駅)

◆スケジュール:詳細はお申込み後に、ご案内致します

◆【旅程表】
≪初日:令和2年1月13日≫
●台北駅(台北車站)の「東三門」に集合  14時
●藤重太さんと行く!台北市内観光
●夕食会&張文芳さん・藤重太さん講演会
●宿泊先にチェックイン

≪二日目:令和2年1月14日≫
●ホテルの朝食後 集合
●藤重太さんと行く!午前中の台北市内観光
●ランチ
●門田隆将さんと行く! 午後の台北市内観光
●夕食会&門田隆将さん講演会

≪三日目:令和2年1月15日≫
●ホテルをチェックアウト
●楊素秋さん&白駒妃登美塾長 ランチ&お話会
●台北駅で解散 13時

◆参加費:75,000円(税込)

 ※13日、14日の宿泊費。13日夕食から15日のランチまでのお食事代、旅の移動代、セミナー代を含みます。
 ※お部屋は基本、ツインルームの相部屋となります。個室をご希望の場合は追加料15,000円(税込)で変更可能です。

 ※台湾へは、各自で航空チケットをとっていただき、現地集合とさせていただきます。
 ※時間にゆとりのある方は、ツアーの前後に、台湾でゆっくり過ごしていただくことも可能です。

◆講師紹介

 ●門田隆将(かどたりゅうしょう)氏

 1958年高知県安芸市生まれ。安芸第一小学校、土佐中学、土佐高校、中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社。週刊新潮編集部に配属され、以後、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。週刊新潮時代は、特集班デスクとして18年間にわたって政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど、さまざまな分野で800本近い特集記事を執筆した。デスク時代から「門田隆将」のペンネームで『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社)、『甲子園への遺言—伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社)、『ハンカチ王子と老エース』(講談社)などを出版した。『甲子園への遺言』は、NHK土曜ドラマ「フルスイング」(主演・高橋克実)としてドラマ化され、ベストセラーとなった。2010年9月、『この命、義に捧ぐ』が「第19回山本七平賞」(PHP研究所主催)を受賞。その他、著書多数。『そこまで言って委員会』でコメンテーターとしても活躍中。

●楊素秋(ようそしゅう)氏

 日本名:弘山喜美子。明治7(1932)日本統治下の台湾・台南市生まれ。弘明電気商会を経営する父:弘山清一と母:敏恵の下、二男三女の次女として生まれる。台南師範学校附属国民小学校、長榮女学校(中学・高校)卒業。日本をこよなく愛した父の影響で、日本人と自覚して育つ。現在も、思考する時も、寝言も日本語。日本と台湾の架け橋の釘1本になりたいと、貿易、通訳、日本語教師など、多方面で活躍している。著書に『日本人はとても素敵だった』(桜の花出版)。

●藤 重太(ふじ じゅうた)氏

 1967年、東京生まれ。千葉県佐倉市育ち。成田高等学校(野球部)卒。横浜・台北在住。高校は成田山新勝寺の経営で、その頃から「空海上人」に憧れていた。高校卒業後、すぐに単身・台湾に留学。中国語習得後、国立台湾大学(旧 第七台北帝国大学)で国際経営学士修得。留学期間中は、私立台湾輔仁大学で、日本語講師を4年間続け、学費・生活費を獲ていた。台湾では、日本を愛し、慕う多くの原住民や老人、元日本兵の方などとの交流を通じて日本人であることの誇りや自覚に目覚める。日本語講師を通じて、経済力、国力、国の魅力の大事さを実感、日本と日本語の奥深さも体感する。大学卒業後、中国を視察・放浪して1992年に香港で創業。その後、日本でアジア市場開発を設立。2003年には「中国ビジネスは台湾人と共に行け」(小学館)を出版、安易な中国進出を警告している。
 2007年から台湾経済部(経産省)のシンクタンクで10年間顧問を務め、日本と台湾の企業・自治体の交流の相談、サポートを行う。その間 2011年から2016年まで、台湾講談社メディアグループの台湾GMを兼任する。現在でも、多くの日本・台湾企業の顧問、アドバイザーを努めている。台湾視察研修ツアーのガイドやコーディネーターも行う。仏教以外に、神道や儒教、中国思想、道教にも興味を持ち研究している。台湾で日本の凄さ素晴らしさを認識するとともに、現在の日本の在り方に焦燥感を持っている。日本が大好きで、台湾から日本をより良くする方法を常に考えている。近年、「台湾から見る正しい国際ビジネスの進め方」「台湾から見直す日本」「台湾と比較 ここがおかしい日本社会」などの講演機会が増えている。趣味は、茶道、読書、温泉、講演会。

●主宰:白駒妃登美(しらこまひとみ)

1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。卒業後、日本航空に勤務し、1992年には宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活動中に、大病を患う。命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。生き方を変えたことで奇跡的に病状が快復。
 2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。全国各地での講演・メディア出演依頼は年間200回におよぶ。子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。
 主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。天皇陛下御即位三十年奉祝委員会・奉祝委員、天皇陛下御即位奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授をつとめる。


◆お振込み先:※以下のいずれかの口座にお振込みください。

   ◎三菱UFJ銀行 戸塚支店 普通預金 0121905 カ)コトホギ
   ◎ゆうちょ銀行記号 10230 番号 29362571  カ)コトホギ
   ◎ゆうちょ銀行(他銀行からのお振込)店番 〇二八 口座 2936257  カ)コトホギ


◆お問合せ:白駒妃登美事務所 ☎:092-407-2099 ✉:iida@kotohogi2672.com

お名前 *
Your answer
ふりがな *
Your answer
メールアドレス *
◆こちらにご記入いただいたアドレスに、お申し込み内容の確認メールが送信されます。
Your answer
@kotohogi2672.com からのメールが受け取れるよう設定をお願いします
電話番号 *
◆ハイフン(ー)をつけてご記入ください
Your answer
郵便番号 *
◆ハイフン(ー)をつけてご記入ください
Your answer
住所 *
◆ツアーのご案内文書をお送りしますので、送付先住所をご記入ください
Your answer
性別
生年月日(西暦)
Your answer
コメント
Your answer
コース *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google.