ケアテックで実践するペーパープロトタイプハッカソン_3/23開催 お申し込みフォーム
LIFE-TECH INNOVATION SENDAI は、仙台市が抱える様々な行政課題、地域課題に対して、課題解決につながるICTを活用した課題解決事業アイデアを募集し、マルチセクター連携でブラッシュアップし、実用化に向けた様々な支援を行うプロジェクトです。

本イベントでは、「LIFE-TECH INNOVATION SENDAI Lab」のプログラムとして、ケアテックの領域で市内介護事業者から発掘した業務改善のニーズを題材に、ITツールを生み出すためのペーパープロトタイプ(ほしい機能やデザインのイメージを紙に書き出し、使い勝手の良さや必要な機能について検証する)を作るワークを行います。

行政課題や地域課題の解決につながるICTを活用したサービス創発を目指したい方に、地域で生まれた実際のニーズから、価値創出につながる試作に向かうためのプロセスを体験し、実際にアクションを起こすきっかけづくりの場となります。

▼日時:2019年3月23日(土)10:00-17:00
▼場所:enspace(宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace)
※アクセス
https://www.enspace.work/about/access/

▼テーマ
仙台の介護職をクリエイティブにするためのITツールを生み出す

▼定員:20名
▼参加費:無料

▼参加申込:下記リンク先よりお申し込みください。
http://tinyurl.com/y66tt46y
※定員到達の際は早期締切の場合もありますのでご了承ください。

▼主催:仙台市
▼企画運営:エイチタス株式会社

▼プログラム(予定)
10:00-10:10 開会メッセージ・趣旨説明
10:10-10:30 ミニレクチャー「mvpを生み出す」
10:30-15:30 ペーパープロトタイプ
15:30-16:30 成果発表&相互レビュー
16:30-16:50 次のアクション決め
16:50-17:00 閉会メッセージ・各種ご案内

▼参加対象者:
・ケアテックからサービスを生みたいIT事業者
・プロトタイピングに関心のあるエンジニア、クリエーターの方
・現場の仕事を改善したい介護職の方
・その他、本テーマに関心のある方

▼ファシリテーター
原 亮(はらりょう/エイチタス株式会社 代表取締役)

編集者を経て、2004年に仙台でITベンチャーに参画。その後、フリーランスに転じ、2016年、エイチタス株式会社を設立、代表取締役に就任。「共創」をテーマに掲げ、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開している。近年は、アイデア創発の場づくりとして、アイデアソン・ハッカソンの開催を全国で幅広くサポート。地域での課題解決から企業の新規商品企画まで、あらゆるテーマを扱っている。
総務省 地域情報化アドバイザー/中小企業基盤整備機構 人材支援アドバイザー/Global Lab SENDAI 代表幹事/みやぎモバイルビジネス研究会 会長/一般社団法人ICTリハビリテーション研究会 理事 など

【LIFE-TECH INNOVATION Labについて】
「LIFE-TECH INNOVATION」でアクションを起こすきっかけとなる各種ワークショップを開催。社会課題や行政課題の解決に挑みたい方や、課題への理解を深めたい方、NPOなどで活動経験があり、ITやデータ活用、サービス開発などを学びたい方向けのプログラムです。
▼LIFE-TECH INNOVATION SENDAIの活動については公式Webサイトをご確認ください。
https://lifetech-sendai.jp/

※本イベントは仙台市「Life-Tech Innovation」事業により実施するものです。

▼お問い合せ先
エイチタス株式会社
仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace
TEL:022-302-6424
FAX:022-302-6425
URL:http://htus.jp/
Email:event@htus.jp
担当:中山・原
 
お名前 *
Your answer
ご職業 *
Your answer
メールアドレス/携帯番号 *
Your answer
その他、ご質問など
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service