サラ・ペイトンによるNVC脳科学とNVC@名古屋「わたしたちの脳はコミュニケーションによって進化する」
サラ・ペイトンによるNVCワークショップ@名古屋
脳科学とNVC「わたしたちの脳はコミュニケーションによって進化する」

通訳:後藤剛 後藤ゆうこ

日時:2018年8月16日(木) 10:00~16:00

場所:ペポカルチャー 
   名古屋市昭和区山手通4-15 ペポ山手ビル2F
最寄りの駅:八事駅徒歩8分 八事日赤5分

参加費:20,000円(手作りランチ込)
  遠方の方で宿泊希望の方は近藤までご連絡ください。 

連絡先:近藤玲子 reiko3sun@gmail.com 


脳のしくみとわたしたちの日々のコミュニケーションは
密接に関わっています。

人は人とともにいることで影響を与え合い、受けてとっている。
親と子の関係、愛着形成・トラウマなど
DNAレベルでの遺伝子への継承と超えた癒し

右脳と左脳の働きや連携など
癒しが起きるときの私たちの脳は
どう変化するのでしょうか?


NVCと脳科学的視点からみた
わたしたちの脳、神経、身体、DNAへの影響を
実践ワークを取り入れながら紹介します。

今や、世界中で引っ張りダコのサラ・ペイトン。
数年先までスケジュールがいっぱい
という多忙なスケジュールの中
名古屋にサラを招くことが実現しました!


++ サラ・ペイトン ご紹介 ++

サラ・ペイトンは
「共感言語がいかに脳に変容を起こすのか」についてさまざまなワークやトレーニングを通して探求し、提供するトレーナーである。

対人神経生物学と非暴力的コミュニケーションを、「非言語の共感がもたらす癒しの潜在能力」とともに統合するという独特の視点とアプローチはとても深遠な自己への慈しみの感覚へといざなう。

どのように 言語(と非言語)が脳に変容をもたらすのか、またどのようにトラウマの癒しが 新しい力、健やかさにつながるのか。そして新しい選択肢を自分自身に与える、ということへの理解が自己への慈しみの感覚から 自然に湧き上がることにサラは喜びを感じている。

サラは世界各地で教鞭をとり、講演し、また、大学でもコミュニケーションを教えている。アメリカとヨーロッパではNVCと対人神経生物学に関する本を出版。彼女の仕事は、どのようにしたら、効果的に心のつなぐような聞き方や理解がお互いできるか、そして、自己への慈しみと明確さの確立に焦点をあてている。人々が温かさの中で、自己への理解を深めること、彼女の情熱はそれを見ることにある。

Email address *
名前 *
Your answer
連絡先 *
Your answer
その他
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms