星海社「会いに行ける編集長」企画投稿フォーム
・こちらに投稿して頂いた内容は、「会いにいける編集長」内および弊社ウェブサイト「ジセダイ」にて公開させて頂く可能性がございます(Skype ID/電話番号を除く)

・プライバシーポリシーは、以下に準じます。
[プライバシーポリシー | ジセダイ―星海社がおくる、行動機会提案サイト](http://ji-sedai.jp/privacy.html)

ペンネーム *
Your answer
Skype ID/電話番号 *
Skype IDだと、お電話させて頂く確率があがります。(音質がいいため)
Your answer
持ち込み新書のタイトル案 *
【例】『いいデザイナーは、見ためのよさから考えない』
Your answer
応募者のプロフィール *
【例】デザイナー。1985年長崎県生まれ。青山学院大学経営学部卒。複数社を経て、日本デザインセンターに合流。グラフィック、Web、UI等複数の領域におけるデザインとコンサルティングに従事している。その傍ら、TATSDESIGN名義で商業コンテンツ作品とそのプロモーションに関する活動を実施。音楽レーベル「GEOGRAPHIC」クリエイティブディレクター、タイポグラフィ教育機関「朗文堂新宿私塾」講師、SFレーベル「DAISYWORLD」主催。主な仕事に、「ハヤカワSFシリーズJコレクション」装丁デザイン、TVアニメ『アルドノア・ゼロ』アートワーク等。タイポグラフィを軸としつつ、対象に深くアプローチするデザインを得意とする。車好き。
Your answer
企画説明 *
【例】経営学部出身のデザイナーが思考する、デザインの論理 「デザイン」は、「デザイナー」と呼ばれる人たちの専売特許ではありません。ロジカルシンキングやプレゼンテーションと同じ問題解決の「道具」であり、コツさえ学べば誰にでも使いこなすことのできるものなのです。本書では、書籍やアニメ、スマホアプリなどの身近な題材を元に、デザイナーの思考プロセスを分解。「デザインとは何か」を、一緒に考えていきます。著者の有馬トモユキは経営学部出身。デザインとビジネスを繫ぐのには、おあつらえ向きの人材です。さあ、「センス」や「絵心」のせいにするのはやめにして、共に「デザインの論理」について学びましょう。あなたの仕事をよいものにするヒントが、たくさん見つかりますよ。
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service