コンテンツツーリズム学会第4回研究会参加申込みフォーム
★コンテンツツーリズム学会第4回研究会

日程:11月11日(日)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス
※教室に関しましてはお申込みの方に直接ご連絡いたします。
時間:13:00~16:00

報告①:「日本におけるエスニック・フードの展開――中華料理の『異国情緒』、『大衆料理』、『本場の味』」(東京工業大学博士後期課程 高松宏弥)
概要:本研究は、日本におけるエスニック・フードの展開過程について検討するものである。「異国情緒」、「大衆料理」、「本場の味」と、時代の移り変わりによって様々な「かたち」をみせてきた、日本における代表的なエスニック・フードのひとつである中華料理が、いかにして日本人に受け入れられてきたのかを考察する。また、上述したようなそれぞれの「中華料理」を提供してきた場である、中華街、町中華、チャイナタウンがこれまでどのように展開してきたのか、また、今後どのような様相をみせるのかについても検討する。

報告②:「コスプレイヤーが求める『書き割り』としての神社」(慶應義塾大学修士課程卒業生 山内萌)
概要:本発表では埼玉県久喜市の鷲宮神社で行われるコスプレイベントを事例に、情報空間が発達した現代において観光地に求められる機能について考察する。これまでブーアスティンの疑似イベント論やそれに対するマキャーネルによる批判では、旅行ないし観光には真正性があり、観光客はそれを求めるものだという視点に立って議論がなされてきた。それに対し「ポスト・ツーリズム」という観光地の真正性を問題とせず虚構性そのものを楽しむ観光のあり方も登場している。上記の議論を踏まえ、鷲宮神社でのコスプレが情報空間との往復で成立している点に着目し、真正性や虚構性を求めない新たな観光地の楽しまれ方が出現している事態について検討する。

参加申込者氏名 *
Your answer
所属・役職 *
Your answer
連絡先メールアドレス *
Your answer
備考欄
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service