2019年4月例会 参加申し込み
              Learning Workshop Lab2019年4月例会
               ~自分を知ると、生きやすくなる~
          感情と向き合って自由になる。障がい者支援で自分をより好きになれる」

概要:
「自分を知ろう」

「自分を知る…」って、ありのままの自分を受け入れるということ。
さあ、勇気をだして、自分を見てみよう。
そして、できることからやってみよう。
新しい事への挑戦が楽しくなってくる。

「自分は必要とされている」
「自分には果たすべき役割がある」
頭で考えていたってダメだ、動かなきゃ。
動くことが自信に繋がって、ほら、自分をもっと好きになってる。
「生きやすい」って、きっとこういう事なんだ。

――――――――――――――――――――――

障害者は不器用で人見知り?でもそれって健常者でも同じですよね。
感情をストレートにぶつけてくるけど、さほど不快な思いにさせられない。
障害者支援の場で彼らと付き合っていると、支援しているつもりのこちらのほうこそ得るものが大きいのではないかと思うことがあります。
それは「自分を知る」ということ。

私たちは世間体を気にしたり、強く生きなければと思うあまり、自分をさらけ出すことに憶病になっているのではないでしょうか?
カッコつける余裕さえない状況で生きていかざるを得ない障害者の弱さ。それでもなお笑顔で生きていく障害者の強さ。

私たちが・・、障害者の方々が・・、そしてこれからの企業が・・、「果たすべき役割がある」ことを共有したくて、素人だけど、素人だからこその発想で、障害者雇用支援の事業をスタートさせます。

▼ この例会は、こんな方に向いています 
 障害者就労の世界に興味のある方
 障害者就労について共感できる場を探している方
 企業コンサルに興味のある方
 CSVに詳しい方
 素人の挑戦にアドバイスするのが好きな方

ゲスト:豆夛英志さん
10年間の障害者就労支援業務の中で、年間20人以上の利用者を一般企業への就職に導き続けた実績を持つ。障害者就労のさらなる可能性を求めて独立し、フリーランスで就労支援を行っている。潜在的な発達障害のため就職に苦しんでいる学生を支援する活動を、高校や大学と協働で展開中。

ゲスト:竹本ユミカさん
被測定者の主観に左右されず客観的にストレスをチェックできる機器を駆使し、離職の原因となるストレスの度合いを測定するとともに、ストレスと正しく向き合う大切さを伝える。無理せず等身大の自分が出来ることで世間の役に立ちたいと考えている。

氏名 *
Your answer
ひらがな *
Your answer
メール *
(PCメールをお願いします)
Your answer
所属
会社名・大学名など
Your answer
参加費 *
Required
例会についてのご意見、ご要望があれば、お書きください。
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service