安保関連法案に反対する高崎経済大学有志の声明


戦後70年を迎える今年、安倍政権は安全保障関連11法案(以下、安保関連法案)を通そうとしています。これは、歴代政府が日本国憲法第9条との関係上行使できないとしてきた集団的自衛権を、閣議決定という形で一方的に合憲とみなすという、昨年7月1日に行われた「解釈改憲」にもとづき、自衛隊の活動範囲を拡大させようとするものです。

立憲主義とは、国民の合意に基づいて定められた憲法によって権力を縛るという原則ですが、これは幾多の過ちを反省した人類が、長年にわたり培ってきたものです。そのため日本国憲法は、「国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」という「人類普遍の原理」を謳っています。したがって、国政はあくまで憲法上認められる範囲内で「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」の実現を目指さなければならないのです。

立憲主義に基づくならば、現在の憲法の条文に問題があるかどうかは主権者である国民が判断します。このために、日本国憲法は改正条項を用意しているのです。しかし、安倍政権は、日本国憲法第9条の改正が多くの日本国民の反対によって実現できないということから、解釈改憲という手段に訴えました。これは、国民主権および立憲主義を蔑ろにし、法的安定性を著しく損なうものです。

このため、大多数の憲法学者はもちろんのこと、歴代内閣の法解釈の一貫性と安定性を保ってきた内閣法制局の元長官でさえも解釈改憲という行為を強く批判し、今回の安保関連法案は違憲であると指摘しています。さらに、世論調査でも反対が多数を占め、全国で反対の声があげられるとともに、「安全保障法案に反対する学者の会」の賛同者は3万9000人を超え、各地の大学でも有志が反対の声をあげています。それにもかかわらず、去る7月16日に衆議院で強行採決が行われました。

高崎経済大学は学則で「真理と平和を希求する人間の育成を図」ることをその目的として掲げています。私たち高崎経済大学有志は教育者・研究者として、正統な手続きを経ず、学問の真理を無視した解釈改憲による集団的自衛権行使を、容認することはできません。ここに、安保関連法案の廃案を政府に対して強く求めます。


2015年8月5日 高崎経済大学有志

呼びかけ人(50音順)
経済学部 天羽正継 國分功一郎 土谷岳史 永田瞬 水口剛 矢野修一
地域政策学部 伊佐良次 齋藤康輝 友岡邦之 西野寿章 福間聡 米本清

賛同人98名(内匿名10名)9月12日時点

教職員(50音順)
秋朝 礼恵(教員) 安達 剛(教員) 飯塚 真弓(職員) 池野 正晴(教員) 石井 清輝(教員) 石渡 華奈(教員) 唐澤 達之(教員) 河藤 佳彦(教員) 熊澤 利和(教員) 今野 昌信(教員)  田畑 真一(非常勤講師) 龍野 正孝(非常勤講師) 千葉 貢(教員) 辻 健太(非常勤講師)  林 ノブ子(非常勤講師) 丸山 奈穂(教員)  

その他(受付順)
村上 福男(その他) 田中真美(その他) 大原つくる(卒業生) 柴田 自由(自営業) 菊池 裕亮(学部学生) 富田 大介(学部学生) 阿久津 峻一(学部学生) 熊谷 朋美(学部学生) 松本 幸輝(卒業生) 新田 美砂(卒業生) 宮野 愛莉(学部学生) 田邉 十樹(卒業生) 瀬下 和輝(学部学生) 田村 眞弓(学部学生) 菊池 雄太郎(学部学生) 安積 隆(その他 教員) 茂木 茜(卒業生)伊藤 槙哉(学部学生) 小田切 裕史(学部学生) 山下 知佳子(学部学生) 片柳 敦他(学部学生) 南波 慧(卒業生) 三鴨 翔哉(学部学生) 山下 治子(学生親) 山下なおこ(社会人) 鷹觜 智大(卒業生) 福島 絵里子(卒業生) 金井 一憲(卒業生) 岩渕 カズユキ(学部学生) 山下 恵子(その他) 大澤 倭文(学部学生) 本田 真穂(学部学生) 山本浩司(その他 教員) 井出天行(学部学生) 永井 亨介(卒業生)  宗田信一(地元のキリスト教会牧師) 大井 和人(卒業生) 佐藤 洸希(学部学生) 成瀬雅俊(高崎市民) 白井 彩織(卒業生) 今野 あゆみ(卒業生) 石黒 晋太郎(高崎市民) 香川 隆(卒業生) 高橋 紅(卒業生) 三輪 正敬(医療関係者) 田中 進(その他) 砂永 美穂(学部学生) 砂永 敦子(学部学生の母) 中島 隆宏(会社員) 和田 悠(元非常勤講師) 市川 雄太(卒業生) 古郡 諒(学部学生) 谷 和明(卒業生) 武田 和夫(設備管理技術者) 三橋 範和(卒業生) 塚田 真之(卒業生) 佐藤 加代子(会社員) 安藤 薫(卒業生) 杉田 幸子(無職) 山崎 宏子(大学院生) 前澤 桂介(卒業生) 山口 達人(障害年金受給中) 鈴木 一彦(その他) 笹原 香奈(学部学生) 日下 武久(卒業生) 安井 雅也(学部学生) 美藤 聡(卒業生) 瀬頭 明男(卒業生) 林 勇(その他) 小林 昌彦(その他) 早田 竜馬(卒業生) 原口 沙耶佳(学部学生)


本声明に関する問い合わせ等はこちらのアドレスにお願いします。
tcueanpo@gmail.com


上毛新聞のほか、複数の新聞社に報道していただきました。

毎日新聞 2015年8月7日 地方版
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20150807ddlk10010139000c.html

東京新聞 2015年8月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20150807/CK2015080702000197.html

高崎新聞 2015年8月7日
http://www.takasakiweb.jp/news_cat/news/98/

頂いたコメントをいくつか紹介させていただきます。
・高崎経済大学の卒業生として、安保法案への反対声明に賛同いたします。(卒業生)
・憲法は私たち国民のものであり、権力のものではないと思います。上からの改憲は私たち国民の人権を揺るがす問題であり、国民一人一人が重要な問題として危機感を持つべきだと思います。(学部学生)
・勇気ある発言に高崎市民として、元気を貰いました。秘密保護法が強行採決されてから、毎週土曜日、駅東口で廃止を訴え83回連続で行う中で、若い皆さんが感心を持ちはじめ、署名が伸びて来ています。「戦争法案」反対の声が学生の皆さんに、大きく広がり、若い声が街に響くことを願っています
・安部首相の考えには賛同するところもありますが、安保関連法案には反対します。国民の賛同がえられる、ちゃんとした手続きを経てから法案を提案してください。(卒業生)
・卒業生の一人として、微力ながら声を上げさせていただきます。
「安保関連法案は戦争法案ではない」と主張する安倍政権は、国民の権力監視能力を軽視しているとしか思えません。
戦争は権力者によって始められますが、被害を被るのは一般市民です。
政治は権力者のためにあるのではなく、一般市民のためにあります。
市民がこの法案に対する反対意見を発言し、政治を動かしていかなければなりません。(大学院生)
・母校有志の声明を全面的に支持し、憲法違反の安全保障法制の廃案を政府に強く求めます。(卒業生)
・私は毎週金曜日に国会前で行われている学生デモで、SEALDsを中心に同じ世代の人達が声をあげているのを知り、心をうたれました。私も一緒に安倍政権と闘いたいです。(学部学生)
・遅ればせながら、高崎経済大学の卒業生として、声明に賛同します。
今回の権力の暴挙を許せば、日本は民主主義の国では、なくなると思います。憲法の歯止めも効かない、いま、最後の歯止めは、市民が大きな声を上げることです。ひとりひとりの声は小さいかもしれませんが、みんなが声を合わせれば、とてもとても、大きな声になります。私も自由と平和を愛する日本国民のひとりとして、考え、声を上げます。安保法案、反対!(卒業生)

ご賛同いただきありがとうございました。有志は各自で大学に属する研究者・教育者として行動を続けていきたいと思います。
2015年12月24日