諸外国の子どもに関する連絡ツール実態調査
本アンケートは、子ラボ屋(千葉県流山市、代表:白澤美幸)が0〜15歳までのお子さまがいらっしゃる「海外在住」「過去に海外在住だった」御家庭を対象に、自学を促すことを目的とした子どもの学ぶ場サービス検討を行う為、様々な状況をヒヤリングをさせいてただくものです。

子ラボ屋では、自学する力を養い、楽しんで自らの人生を生きることのできる子ども像を目指し、様々な学びの機会を提供しています。

昨今、一人ひとりの生活に寄り添った教育をと教育の多様化が叫ばれていますが、
日本の生徒を取り巻く環境は、アナログで一人ひとりのマンパワーで成り立っており、多様化の隙間がないのが現状です。

今回アンケートを取らさせていただいたのは、そういった日本の現状を諸外国地域との比較を踏まえ、来るべき新世代へ向っていく子どもにとって、どのような環境が良いのか改めて問いたいと考えたためです。

=====お知らせ=====

・お子様一人につき、一回ご回答いただけると幸いです
・自由記述欄にご回答いただいた中で、個人が特定できると判断した内容に関しては改編を行います
・頂きました情報は集計し諸外国の状況という内容で、教育委員会等、他団体へ開示する場合がございます

以上、御理解、ご了承頂けますようよろしくお願いいたします。
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy