がんと働く応援団入会申込書
一般社団法人がんと働く応援団は「がんに負けない組織・人を増やす」をマニュフェストに掲げ、がんを見つけても働き続ける人達が活躍できる社会に近づけていく事を目的に活動しています。
社会の役に立ちたいと考えるがん経験者の皆さん、がん経験者をサポートしている医療従事者や、カウンセラー、ご家族、ご友人、そして企業担当者の皆様。ぜひ、当団体の会員になっていただき、活動をご支援ください。皆様の為の勉強会や、交流会などのイベントにご参加いただけるよう情報をお届けいたします。がんを正しく知り、サポートできる人が増える事で、よりリアルなダイバーシティ&インクルーシブな社会に近づけていきましょう。

下記項目を漏れなくご入力の上、「確認画面」へお進みください。確認後、「送信」ボタンをクリックして完了となります。その後当団体の所定口座へご入金ください。入金を確認後、事務局より登録完了のメールをいただきましたメールアドレス宛に致します。

入力いただいた情報は、当会「個人情報保護に関する方針」に則り、厳に取り扱うように致します。

GHO会員一覧

一般会員(個人)   入会金 1,000円 年会費  5,000円
賛助会員(個人)   入会金 1,000円 年会費 10,000円
賛助会員(法人・団体)入会金   0円 年会費 98,000円

・会員年度は11月7日~翌年11月6日までの1年間となり、退会のお申し出がない場合は、入会継続とさせていただきます。
・入会年度は入金日によって確定します。
例)2020年6月15日に入金→2019年度会員登録となります(2019年11月7日~2020年11月6日)

会員特典:
① GHO提供 がん治療と仕事の両立支援講習会チャプター1「がんを知る」無料視聴ID発行(3ヵ月有効)
② GHO提供各種イベント・ワークショップ・講習会等 特別会員価格にて参加可能
③ 定期・不定期 メーリングリストにて開催イベント情報などをお届けします


口座のご案内

口座名 イツパンシヤダンホウジンガントハタラクオウエンダン
銀行名 三井住友銀行(0009)
    厚木支店(595)
    普通口座
口座番号8947208
入会申込日 *
MM
/
DD
/
YYYY
お名前 *
性別 *
生年月日 *
MM
/
DD
/
YYYY
メールアドレス *
住所 *
電話番号 *
希望される会員種別 *
法人格等
Clear selection
所属団体名称(所属されていない方は「なし」とお答えください) *
部署名(ない方は「なし」とお答えください) *
役職(ない方は「なし」とお答えください) *
所属住所(ない方は「なし」とお答えください) *
所属連絡先(ない方は「なし」とお答えください) *
お持ちの方は修了証の名称をお教えください
修了証の番号を教えて下さい
相談に従事する資格をお持ちの方はお知らせください(ない場合は「なし」をお選びください) *
Required
アンケート
当団体を何でお知りになりましたか *
Required
当団体に期待する事をお教えください *
どのように当団体と関わりたいですか *
Required
会費領収証は必要ですか *
一般社団法人がんと働く応援団会員規程
以下の会員規約の内容をよくお読みのうえ、同意いただける場合は「会員規約に同意する」にチェックを入れてください。


(目的)
第 1 条
この規程は、一般社団法人がんと働く応援団の定款第 2 章に基づき、この法人の会員の入会、退会及び会費等に関する諸般の基準を定め、事業の円滑な実施と、会員の入会、退会及び会費等に関する妥当性及び透明性の確保を図ることを目的とする。

(会員の種別)
第 2 条  
この法人の会員は正会員、一般会員、賛助会員、名誉会員および功労会員とする。
(1)正会員は、当法人の目的に賛同し、法人活動に携わる為に入会した者とする。
(2)一般会員は、当法人の目的に賛同し、入会した者とする
(当法人の議決権を有しない) 
(3)賛助会員は、この法人の事業を賛助し入会した個人、法人、又は団体とする。(当法人の議決権を有しない)
(4)名誉会員は、理事及び監事を務めた者、当法人に対して特別の貢献のあった者の中から、理事が推薦し、理事会の決議及び社員総会の決議によって名誉会員となった者
(5)功労会員は、当法人に対して大なる功労のあった者の中から、理事が推薦し、理事会の決議及び社員総会の決議によって功労会員となった者
2前項の会員のうち正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする。

(入会)
第 3 条
この法人の会員になろうとする法人又は団体は、次の書類を所定の方法にて事務局長に提出し、理事会の承認を得なければならない。
(1)  この法人の理事会が別に定める会員の入会申込書
(2) 法人又は団体にあっては、法人又は団体の活動実績及び活動計画を確認するために、 必要に応じて理事会が追加で提出を求める書類等
2 この法人は、この法人の会員になろうとする者が、次の各号に該当又はそのおそれがあると理事会が判断した場合には、その入会を認めないものとする。
(1) 国、地方公共団体、公益法人、及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第 5 条第 17 号に規定する者以外の個人又は団体が、会費の受け入れにより特別の利益を受ける場合。
(2) 会員が、会費の受け入れにより税の不当な軽減をきたす結果となる場合。
(3) 会費の受け入れにより、この法人に著しい資金負担が生じる場合。
(4)会費又はその原資が、違法行為又は公序良俗に反する方法により取得されていると認められる場合。
(5)会員が、科学的根拠の明らかでないがんの治療等に関する医療又は商品等を推奨、施行又は販売する者、法人又は団体であると認められる場合。
(6) 会員の入会に関して、次に掲げる条件等が付されている場合
イ) 会員に会費の対価として何らかの利益または便宜を供与すること。
ロ) 会員が会費の経理について監査を行うこと。
ハ)会費の入金後に会員が会費の全部または一部を取り消すことができること。
ニ) その他、この法人の運営にあたり支障が生じると認められる条件。
(7)前各号に掲げる場合のほか、この法人の運営にあたり支障が生じると認められる場合、及びこの法人が受け入れるにあたり社会通念上不適当であると認められる場合。

(入会金及び年会費)
第 4 条
会員の入会金は 次の通りとする。

正会員
入会金 1,000円
年会費 5,000円

一般会員(個人)
入会金 1,000円
年会費 5,000円

賛助会員(個人)
入会金  1,000円
年会費 10,000円

賛助会員(法人・団体)
入会金    0円
年会費 98,000円

功労会員
入会金    0円
年会費    0円

名誉会員
入会金    0円
年会費    0円


(2) 年会費の対象期間は、この法人の事業年度である11月7 日から翌年 11月6日日までとする。
(3) 入会金及び年会費は、この法人が会員に対して行う請求に基づき、この法人が指定する方法にて入金するものとする。
(4) 賛助会費は、この法人の定款に定める事業でかつ公益を目的とする事業以外の収益事業等、又は管理費(この法人の事業を管理するために経常的に要する費用のことをいう。)の使途に使用する。

(会費の受け入れ)
第 5 条
この法人は、会費を受け入れたときは、受領書(電磁的記録)を遅滞なく会員に交付する。

(会員名簿)
第 6 条
この法人は、全ての会員の氏名(法人その他の団体についてはその名称)、 住所、会費の額、及び賛助会費を受け入れた年月日等を記載した会員名簿を作成する。

(情報公開)
第 7 条
この法人は会員について、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める事項について、この法人の主たる事務所に備置き閲覧に供する。
(1) 会員の個人又は法人その他の団体別(当該者が国若しくは地方公共団体又はこれらの機関である場合にあっては、これらの者の名称)
(2) 当該会費を受け入れた日
(3) 受け入れた会費の額の合計
2 この法人は、法人又は団体である会員の名称及び会費の額を公開する。

(禁止事項)
第 8 条
会員は、次の各号に該当する行為をしてはならない。
(1) この法人の財産、権利、知的所有権、プライバシー等を侵害する行為
(2)この法人の行う事業や活動の場における暴力行為、威嚇行為、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、暴言などの言動
(3) 前各号に掲げる場合のほか、この法人の運営にあたり多大なる支障が生じると認められる行為

(退会)
第 9 条
会員は、所定の様式を事務局長に届け出ることにより、いつでも退会することができる。ただし、1か月以上前に当法人に対して予告をするものとし、届け出日の翌月末をもって退会とする。
2 第 5 条の各号に定める禁止事項に該当する行為を行っていると理事会が認めた会員については、理事長は当該会員にその行為の停止及び是正を勧告することができる。
3 前項の勧告にも拘らず、第 5 条の各号に定める禁止事項に該当する行為を複数回又は継続して行っていると理事会が認めた会員については、理事長は当該会員に退会を勧告することができる。

(除名)
第 10 条
会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、総会の議決により、これを除名することができる。
(1) この法人の定款又は規則に違反したとき。
(2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
(3) その他の除名すべき正当な事由があるとき。
2 前項の規定により会員を除名しようとする場合は、当該会員に総会の 1 週間前までに理由を附してその旨を通知し、弁明の機会を与えなければならない。

(資格の喪失)
第 11 条
前 2 条の場合のほか、会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、 その資格を喪失する。
(1) 正当な理由なく継続して2年以上会費を滞納したとき。
(2) 当該会員が死亡し、もしくは失踪宣告を受け、又は会員である法人又は団体が消滅したとき。
(3) 過半数の正会員が同意したとき。

(資格の喪失に伴う権利及び義務)
第 12 条
正会員が前 3 条の規定によりその資格を喪失したときは、この法人に対する会員としての権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることはできない。  
2 この法人は、会員の資格を喪失した者が既に納入した入会金及び会費その他の拠出金品については、これを返還しない。

(事業)
第 13 条
この法人は、会員に対し、次の各号の事業を行う。
(1) この法人が広報や普及啓発等を目的として発行する資料の提供
(2) この法人が広報や普及啓発等を目的として開催する各種事業への参加機会の提供
(3) その他、この法人が会員と連携を図るにあたり、理事会が必要と認めた資料の提供または各種事業への参加機会の提供

(補則)
第 14 条
この規程は、理事会で定めるものとする。
2 この規程の実施に関し必要な事項は、代表理事が理事会の承認を得て、別に定めるものとする。

附則 1

この規程は、令和2年 8月 1 日に施行し、適用する。
2 この規程の改定は、理事会の承認(平成 2 年 10 月 1 日)をもって施行する。
会員規約に同意しますか *
Required
反社会的勢力排除条項の表明・確約
一般社団法人がんと働く応援団は2007年6月に政府が策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」等を踏まえて、反社会的勢力の排除に向けた取り組みを行っております。以下の条項をお読みいただき、表明・確約をお願いいたします。

1. 私は、現在又は将来にわたって、次の各号の反社会的勢力のいずれにも該当しないことを表明・確約いたします。
(1) 暴力団
(2) 暴力団員
(3) 暴力団準構成員
(4) 暴力団関係企業
(5) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ
(6) その他前各号に準ずるもの2. 私は、現在又は将来にわたって、前項の反社会的勢力又は反社会的勢力と密接な交友関係にある者(以下「反社会的勢力等」という。)と次の各号のいずれかに該当する関係も有しないことを表明・確約いたします。
(1) 反社会的勢力等によって、その経営を支配されている関係
(2) 反社会的勢力等が、その経営に実質的に関与している関係
(3) 反社会的勢力を利用していると認められる関係
(4) 反社会的勢力等に対して資金等の提供をし、又は便宜を供与するなどの関係
(5) その他反社会的勢力等との社会的に非難されるべき関係3. 私は、一般社団法人がんと働く応援団(以下「当団体」という)に対して、次のいずれの行為も行わないことを表明・確約いたします。
(1) 当団体の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をすること。
(2) 会員として相応しくない行為をすること。
(3) 正当な理由がなく会費を1年以上納入しないこと。4. 私(法人・団体・個人)は、上記各項のいずれかを満たさないと認められることが判明した場合及びこの表明・確約が虚偽の申告であることが判明した場合は、催告なしで会員を除名されても一切異議を申し立てず、また納入した会費の返還や賠償を求めず、一切私の責任とすることを表明・確約いたします。
上記すべての項目を表明・確約 *
Required
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 一般社団法人がんと働く応援団.