・在宅就労や通勤および通学時において重度訪問介護を利用実現にむけての提案書。
《目的》
現在の総合支援法では通勤・通学および在宅勤務時に介助サービスを受けることができない。これでは、食事・水分補給・排泄等などができない状態である。
「重度障害があっても、学校に通学をして学びたい、在宅で仕事を行い、自分で生活費を稼いだうえで充実した生活を送りたい」といった気持ちはある。それらを踏まえて、さいたま市の独自支援のような形を全国においても在宅就労時や通勤・通学時においても重度訪問介護を利用できるように実現していく。


※下記に当てはまる項目にはチェックしてください。
頂いた情報は当目的以外には使用しません。
名前
Your answer
在宅就労や通勤および通学時に介助サービスが利用可能なことに対し *
Required
障害の有無 *
介助サービスの利用頻度(例:重度訪問介護744時間/1ヶ月)
Your answer
年齢 *
性別 *
住所(例:東京都)
Your answer
電話番号
Your answer
コメント
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service