遺伝をめぐる看護を考える学習会
2010年に脊髄小脳変性症であることを知った佐久間勇人さん。
「そこから今日までは沢山の経験・後悔がありました。人と出会い、生まれた笑顔、そのありがたみを人一倍感じとり、今まで気が付かなかったようなことを学べてきたような気がします。ハンデがある。でも、それは「個性」でもある。そう思うようになった時、生き方がかわりました。そして、障がい者水泳というスポーツに出会うことが出来たのです。」 
佐久間勇人の2018年自由日記より 
https://shohgaisha.com/news/sakuma_hayato_180830/

佐久間さんが生活の中で考えたこと、医療者とのかかわりで考えたことなどを共有できればと思っています。 みなさまのご参加をお待ちしてます。


日時 22018年11月16日|金曜|  18:00-19:30(開場17:40)   
場所 聖路加国際大学臨床学術センター3階3301
当日の予定
 18:00-18:15 脊髄小脳変性症って?
 18:15-19:15 佐久間勇人さんの体験
         患者スピーカーバンク
         全国脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会 副会長
 19:15-19:30  質問・感想

対象者 このテーマに関心のある看護職・学生・医療者
参加費 聖路加国際病院・聖路加国際大学の教職員・学生: 無料
    上記以外:1000円 当日会場でお支払いください

問合せ先 聖路加国際大学 遺伝看護学研究室 青木美紀子 lukegn@slcn.ac.jp

Email address *
ご氏名 *
Your answer
ご氏名のよみがな *
Your answer
ご所属 *
Required
当日連絡先(電話番号またはメールアドレス) *
当日急なご連絡が必要な場合に使用します。
Your answer
佐久間さんに質問したいこと
学習会の中で、個人が特定されないかたちでご紹介・回答することがあります。すべてのご質問には対応できないこと、個別の状況への回答には限界があることを予めご了承ください。
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This form was created inside of 聖路加国際大学. Report Abuse - Terms of Service