オンラインサロン“サブつく”入会フォーム(月額7700円)
 【入会条件】
*月額7,700円税込
*12ヵ月間継続条件 その後1ヶ月毎に自動更新
*初回決済は入会日になります。
Sign in to Google to save your progress. Learn more
Email *
【TEL】 *
【会社名・治療院名】 *
【入会者名】 *
【会社住所】 *
入会経緯 *
Required
紹介者名(ご紹介の方がいればお願いします)
メールアドレス(確認用) *
【会員規約】 第1条(会員規約) 1.平森勇喜(以下「甲」といいます。)は、オンラインサロン“サブつく”会員規約(以下「会員規約」といいます。)を定め、会員規約に従い、甲が運営するSNSグループ(以下「本サービス」といいます。)を会員(以下「会員」といいます。)として招待します。入会条件として「1年間」継続の場合となります。以降は1ヶ月毎の自動更新となります。2.甲は、会員規約の他に、個別の本サービスごとに規約(以下「個別規約」といいます。)を定めることがあります。会員規約と個別規約の定めが異なる場合、個別規約の定めが優先して適用されるものとします。3.個別規約、本サービスのヘルプ、ガイドページその他本サービスを説明するページも、別段の定めがある場合を除き、会員規約の一部を構成するものとし、これらを合わせて会員規約とします。4.会員は、会員規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。第2条(規約の変更)1.甲は必要と判断した場合、事前に会員に通知することなく、いつでも会員規約を変更することができるものとします。 2.変更後の会員規約については、本サービス上又は甲が運営するウェブサイト上に表示した時点で効力を生じるものとし、変更後に本サービスを利用した場合は変更後の会員規約に同意したものとみなします。第3条(会員に対する通知方法・会員からの連絡方法)1.甲から会員に対する通知は、電子メール、ウェブサイトでの掲示その他甲が適当と判断する方法により行います。2.通知が電子メールで行われる場合、甲が会員宛に電子メールを発信した時点で当該通知が会員に到達したものとみなします。3.通知をウェブサイトに掲示する場合、通知がウェブサイトに掲載された時点で当該通知が会員に到達したものとみなします。4.会員から甲に対する連絡は、甲が指定する方法に従い、行うものとします。第4条(会員登録)1.本サービスの利用を希望する者は、甲が指定する方法により、会員登録を行うものとします。2.未成年者が会員登録を行う場合、法定代理人の同意を得るものとします。未成年者が会員登録を行った場合、甲は法定代理人の同意があったものとみなします。3.本サービスの内、成人向けサービスは、18歳以上の会員に限り利用することができるものとします。第5条(譲渡等の禁止)甲は、会員が会員たる地位、会員たる地位に基づき本サービスを利用する権利並びに会員の権利又は義務を第三者に譲渡、販売、貸与、承継、使用許諾その他処分をすることを禁止します。第6条(登録情報の変更)1.会員は、メールアドレス、電話番号、クレジットカード情報その他甲に登録した情報に変更が生じた場合、直ちに、登録情報の変更を行う義務を負うものとします。2.登録情報の変更を怠ったことにより会員に生じた不利益、損害について、甲は一切の責任を負わないものとします。第7条(退会)1.会員が本サービスからの退会を希望する場合は、甲所定の方法により、手続を行うものとします。2.会員は、退会により、会員たる地位を喪失し、本サービスの利用ができなくなるものとします。また、退会完了後は、喪失した会員たる地位を復元することはできません。3.会員は、甲に対し金銭債務その他債務を負担する場合、退会によりこれを免れるものではありません。第8条(サービス利用環境)1.会員は、本サービスを利用するための利用端末、電子機器、通信機器、ソフトウェア、インターネット接続環境を自己の責任と費用で準備するものとします。2.本サービスを利用するあたり発生する通信費等は、会員が負担するものとします。第9条(会員の自己責任)1.会員は、本サービスの利用に関連して、会員と第三者との間で紛争が生じた場合、会員の責任と費用において、当該紛争を解決するものとします。2.会員は、本サービスの利用に関連して、第三者に損害を与えた場合、会員の責任と費用において、当該損害を賠償するものとします。第10条(決済)1.会員は、本サービスの利用料、本サービス内での商品の購入代金、送料その他会員が負担する費用等(以下「対価」といいます。)を甲が指定する支払方法で支払うものとします。2.会員は、甲が指定するクレジットカード事業者、電子マネー事業者、携帯電話事業者等(以下「決済会社」といいます。)が提供する決済手段で対価の決済を行うことができるものとします。3.前項の場合、会員は、決済会社が定める規約等に従い決済会社と契約を締結するものとし、会員と決済会社との間で紛争が生じた場合、会員の責任で当該紛争を解決するものとし、甲はこれに関与しないものとします。4.決済手数料(甲が指定するものに限ります。)は、会員様が負担するものとします。5.会員は、甲に対し、理由の如何を問わず、支払い済み対価の返還を請求することはできないものとします。第11条(禁止行為)1.甲は、会員による本サービスの利用に際して、次の各号に定める行為を禁止します。(1)甲又は第三者の著作権、商標権、意匠権、特許権、実用新案権その他知的財産権を侵害する行為(2)甲又は第三者の財産権、肖像権、パブリシティ権、人格権、名誉権、プライバシー権等を侵害する行為(3)公序良俗に反する行為(4)法令に反する行為(5)犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為及び犯罪的行為を助長する行為(6)児童ポルノ、ポルノ、わいせつ物の頒布等を規制する法令に違反する行為(7)虚偽の情報を投稿する行為(8)甲のサーバーに過度の負担を及ぼす行為(9)本サービスの運営を妨害する行為(10)本サービスを、本サービスの本来のサービス提供目的とは異なる目的で利用する行為(11)本サービスで提供されるコンテンツに施されたセキュリティの技術的保護手段を削除し、回避し、無効化する行為(12)甲又は第三者に不利益を与える行為(13)甲又は第三者に対する誹謗中傷、脅迫、嫌がらせを行う行為(14)第三者を差別又は差別を助長する行為(15)第三者の承諾なく個人情報又はプライバシー情報を収集し、公開する行為(16)選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為(17)会員又は第三者の営業に関する宣伝を目的として本サービスを利用する行為(18)ねずみ講、マルチ商法を勧誘する目的で本サービスを利用する行為(19)本サービスの外に接続するリンクを投稿する行為(20)甲の業務に支障をきたす行為(21)虚偽の情報を本サービスに登録する行為(22)オンラインサロンサブつく会員規約又は個別規約で禁止する行為(23)その他甲が不適切と判断する行為2.前項の禁止行為に該当するか否かの判断は、甲の裁量により行うものとし、甲は甲の判断について説明責任を負わないものとします。3.甲は、会員の行為が、第1項の禁止行為に該当すると判断した場合、事前に通知することなく、次の各号に定めるいずれか又は全ての措置を講じることができるものとします。(1)本サービスの利用制限(2)会員登録の解除による退会処分(3)その他甲が必要と判断する行為4.前項の措置により会員に生じた損害について甲は一切の責任を負わないものとします。5.甲は、会員に対し、会員規約に違反する行為により甲に生じた一切の損害、損失、費用(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)の賠償を求めることができるものとします。第12条(サービス利用制限)1.甲は、次の各号に該当する場合、会員による本サービスの利用を制限することができるものとします。(1)会員のユーザー情報が第三者に利用されている疑いがある場合(2)登録情報に虚偽の情報が含まれている疑いがある場合(3)対価等の支払いが遅延している場合又は支払の遅延が生じるおそれがある場合(4)甲から会員に対し連絡がとれない場合(5)その他甲が必要と判断した場合2.前項の措置により会員に生じた損害について甲は一切の責任を負わないものとします。 第13条(甲による解除)1.甲は、会員が次の各号のいずれかに該当した場合、何らの通知等を行わずに、会員登録を解除し、退会させることができるものとします。(1)登録情報に虚偽の情報が含まれている場合(2)対価等の支払いが遅延している場合(3)会員の信用状態が悪化し、対価等の支払いの継続が困難である場合(4)過去に甲から退会処分を受けていた場合(5)会員の相続人等から会員が死亡した旨の連絡があった場合又は甲が会員の死亡の事実を確認できた場合(6)反社会的勢力等(暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等又はこれらに準ずる者)に該当すると甲が判断した場合(7)破産手続開始、民事再生手続開始の申立てがあった場合(8)甲からの要請に対し誠実に対応しない場合(9)その他甲が不適当と判断した場合2.前項の措置により会員に生じた損害について甲は一切の責任を負わないものとします。3.第1項の措置により、退会した会員は、退会時に期限の利益を喪失し、直ちに、甲に対し負担する全ての債務を履行するものとします。4.第7条第2項から第3項の規定は、本条による退会の場合について準用するものとします。第14条(サービスの提供の中断)1.甲は、次の各号に該当する場合、本サービスの提供を中断することができるものとします。(1)本サービスの保守・点検を行う場合(2)火災、停電等の事故が発生した場合(3)天変地異等の非常事態が発生した場合(4)システム障害、ネットワーク障害が発生した場合(5)甲の業務上やむを得ない事由が生じた場合(6)その他甲が必要と判断した場合2.前項の措置により会員が本サービスを利用できないことにより生じた損害等について甲は責任を負わないものとします。3.前2項の定めにかかわらず、甲の責めに帰すべき事由により本サービスが連続して72時間以上利用不能状態が継続した場合、甲は、該当サービスで会員に現実に生じた損害を、甲の判断により次のいずれかの方法により賠償します。ただし、会員は損害発生時から1ヶ月以内に甲に請求を行うものとし、期間内に請求を行わない場合はその権利を失うものとします。(1)今後決済する該当サービスの利用料金から、賠償額に相当する金額を減額する方法(2)賠償額に相当する金額相当の該当サービス利用権を付与する方法第15条(サービスの変更、追加、廃止)1.甲は、いつでも、本サービスの全部又は一部を変更(本サービスの内容、本サービスの仕様、本サービスの利用料及び本サービスで販売する商品価格の変更を含みますが、これらに限りません。)、追加又は廃止することができるものとします。2.甲は、前項による本サービスの全部又は一部の変更、追加又は廃止について、何ら責任を負うものではありません。3.甲は、第1項の規定により本サービスの全部又は重要な一部を変更、追加又は廃止するときは、会員に対し、相当な期間前までにその旨を通知します。ただし、緊急又はやむを得ない場合はこの限りではありません。第16条(免責)1.甲は、本サービスが、会員の特定の目的に適合すること及び会員が期待する品質、価値を有することを何ら保証するものではありません。2.甲は、本サービスの完全性、正確性、確実性、信頼性、有用性等について何ら保証するものではありません。また、甲は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵がないことを保証するものではありません。3.甲は、会員による本サービスの利用により生じた不利益、損害について、一切の責任を負わないものとします。4.甲は、会員が本サービスを利用できないことにより生じた不利益、損害について、一切の責任を負わないものとします。5.甲と会員との間の本サービスの利用に関する契約が、消費者契約法の消費者契約に該当する場合、会員規約のうち、甲の損害賠償責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。この場合において会員に発生した損害が甲の債務不履行又は不法行為に基づくときは、甲は、会員が甲に本サービス利用の対価として直近1ヶ月間に支払った金額を上限として損害賠償責任を負うものとします。ただし、甲に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。6.甲が管理するサイトに設置されたリンク先のうち、第三者が管理するサイトは甲が管理するものではないため、甲は当該サイトについて一切の責任を負わないものとします。第17条(知的財産権)1.本サービスで提供される映像、音声、プログラム、文字、画像、イラスト、デザイン、商標、ロゴマーク、その他一切の情報(以下「本コンテンツ」といいます。)の著作権、著作隣接権、商標権、意匠権等の知的財産権は、甲又は甲に利用許諾した第三者に帰属します。2.会員は、本コンテンツについて、甲又は第三者の権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。第18条(事業譲渡)甲は、本サービスに関する事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、会員規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、会員たる地位、会員規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他情報の譲渡につきあらかじめ同意するものとします。第19条(業務委託)1.甲は、本サービスの業務の全部又は一部を、第三者(外国にある第三者を含みます。)に委託させて行わせることができるものとし、会員はこれにあらかじめ同意するものとします。2.前項の場合において、甲が必要と判断した場合、甲は、個人情報を第三者(外国にある第三者を含みます。)に提供することができるものとし、会員はこれにあらかじめ同意するものとします。第20条(債権譲渡)1.会員は、甲が会員に対し有する債権を第三者(以下「債権譲受人」といいます。)に譲渡することがあることに、あらかじめ異議なく承諾するものとします。2.前項の場合において、当該債権譲渡の請求及び回収に用いるため、会員は、甲が債権譲受人に対し、会員の氏名、住所、電話番号及び債権の請求を行うために必要な情報を提供することに、あらかじめ異議なく承諾するものとします。3.第1項の場合において、甲及び債権譲受人は、会員への個別の通知又は譲渡承諾の請求を省略することができるものとします。第21条(損害賠償責任)会員は、本サービスの利用に関連して甲に損害を与えた場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。第22条(準拠法及び専属的合意管轄裁判所)1.会員規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。2.本サービス又は会員規約に関し、甲と会員の間で生じた紛争の解決については、仙台地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。第23条(個人情報の取り扱い)甲は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。1 個人情報の取得について甲は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得致します。甲は、個人情報取得の際には、事前に必要な情報と利用目的を明示致します。2 個人情報の利用について甲は、個人情報を取得の際に明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。甲は、個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正に調査し、秘密を保持させるために適正な契約と監督を行います。3 個人情報の第三者提供について甲は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供することは行いません。4 個人情報の管理について甲は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理致します。甲は、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などを防止するため、不正アクセスやコンピュータウイルスなどに対する適切な情報セキュリティ対策を実施致します。甲は、個人情報を持ち出し、外部へ送信するなどによる情報漏洩を行いません。5 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去甲は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去などを求める権利を有していることを確認し、これらの要求に対しては速やかに対処します。なお、甲の個人情報の取り扱いにつきまして、ご意見、ご希望、ご質問がありましたら、甲までご連絡いただきますようお願い申し上げます。6 体制について甲は、個人情報保護管理責任者を任命し、個人情報の適切な管理を実施します。個人情報の保護および適切な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適切な取り扱いを徹底します。7 個人情報保護規定の策定・実施・維持・改善甲は、この方針を実行するため、個人情報保護規定および関連する規定と規則を策定し、これを甲および業務委託先、その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善致します。第24条(分離可能性)会員規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により、無効又は執行不能と判断された場合であっても、会員規約の残りの規定は、完全に有効なものとして、引き続き効力を有するものとします。 *
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy