第175回東海高分子研究会講演会(オンライン)
東海高分子研究会では,東海地区の学生や大学・企業で高分子に携わる研究者を対象に,年間で4回の講演会を開催しております.しかしながら,COVID-19感染拡大防止のために,4月(第171回)と6月(第172回)の講演会が中止となりました.「新しい生活様式」の実践を求められる中,東海地区の高分子研究者の活性化のためにコロナ禍の今できることとして,臨時でオンライン講演会を企画いたしました.

会員の皆様と東海高分子研究会を盛り上げていきたく存じます.皆様のご参加をお待ちしております.

----------------------------------------------------------------------------------------
主題:高性能・高機能なバイオ‐ソフトマテリアルの精密設計とダイナミクス

<趣旨> 東海高分子研究会では,東海地区の学生や大学・企業で高分子に携わる研究者を対象に,年間で4回の講演会を開催しております.
 高分子ベシクルや液晶,コロイドなどのメソスケールの分子集合体は,やわらかな材料(ソフトマテリアル)であり,細胞などの生体内組織の物性を決める重要な要素となっています.特に,ソフトマテリアルの機能性や物性の制御には,高分子の複雑な高次構造や階層構造とともに,そのダイナミクスが重要となります.今回の講演会は,「高性能・高機能なバイオ‐ソフトマテリアルの精密設計とダイナミクス」と題して,当分野でご活躍されているお二人の先生に,最新の研究成果についてご講演していただきます.具体的には,バイオポリマーからなるバイオ高分子ベシクルの構造と機能性や,タンパク質会合体プローブを用いた細胞内部のダイナミクス評価についてお話いただくことになっております.これらの最新研究に関して活発に議論ができる良い機会となっています.東海地区以外からの参加者も歓迎致します.
 なお本講演会は,COVID-19感染拡大防止のため講演会場で実施できなかった第171回東海高分子研究会講演会(2020年4月18日予定)を,オンラインであらためて行うものとなります.講演会の申込方法などについてはページ下部にてご確認ください.参加登録していただいたメールアドレスにWeb アクセス方法やログイン情報等をお送りいたします.

主催:高分子学会東海支部 東海高分子研究会
日時:2020年10月31日(土)13:30~15:50
会場:オンライン(Webexを使用)
参加費:無料
申込締切:10月19日(月)
定員:なし
申込方法:以下のフォームに必要情報をご入力のうえ送信してください.
ご登録いただいた方には,講演会前日までにメールにて講演会への接続方法をお知らせいたします(万が一連絡が届かない場合は、お手数ですが以下お問い合わせ先までご連絡ください).

プログラム:

1) 13:30-14:30
「バイオハイブリッド分子を基盤とした高分子ベシクルの設計と機能」
(京都大学 大学院工学研究科)西村 智貴

2) 14:50-15:50
「タンパク質自己会合体を用いた細胞核内ダイナミクス計測」
(東洋大学 食環境科学部)藤井 修治


幹事:宮本寛子(愛工大),信川省吾(名工大 )
氏名 *
所属(学生の方は研究科(または学部)と研究室名も記載してください) *
メールアドレス *
オンライン講演会の進め方とお願い
コメントまたはご質問
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 豊橋技術科学大学. Report Abuse