科学技術イノベーション政策の社会的インパクト評価 研究懇談会/NISTEP共催 第2回「産学官連携のリスクマネジメント」(10/30)
 科学技術の推進において、科学技術が与える社会的インパクトを適切に評価して可視化
することが重要である一方、高い評価を指向することで公正な研究が損なわれるリスクも
存在します。これらのリスクマネジメントは大学・研究機関の組織単位で取り組まれます
が、近年の産業界のオープンイノベーションへの取り組み活性化、大学発ベンチャー推進
施策による国立大学による出資制限の緩和により、産業界との連携機会が増加しているな
ど、大学・研究機関での事務負担が増しています。
加えて、リスクマネジメントに関わる法令順守・利益相反・技術流出などは、専門性の高
い分野であり、大学等における任期制での担当変更等に馴染みにくい分野であることが、
上記のような外部環境変化への柔軟な対応を困難にする要因にもつながっています。
これらの課題意識を踏まえ、最新の取り組み事例の共有や、新規技術導入による改善の
余地など、様々な立場の方が集まって議論できる場を設けたいと考え、本勉強会を開催い
たします。
 話題提供いただける方は、それぞれ御専門の異なる方々ですので、御参加いただける方
々もそれぞれのお立場での率直な感想や質問などを自由に御発言いただけると幸いです。
お名前 *
ご所属 *
研究・イノベーション学会の会員ですか *
本懇談会からの今後の案内を希望される場合はメールアドレスのご記入をお願いいたします(既に登録されている方は記入不要です)
本セミナーについてのご質問
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy