出火防止チェックリスト
高校生及び全日本全国大会には、下記の全項目に対して確認され、出火防止対策の車検に合格したロボット以外は出場できません。選手のみなさんは必ず確認をしてください。
万が一出火してしまった場合は火災として扱い、会場、消防署への報告、現場検証への立会いが必要となります。
Email address *
1. 熱が発生する部品の近くには燃えやすい材料を使用していない。(基板の絶縁に使用しているもの、緩衝材も含む) *
Required
2. ロボットを動作させる基板に流れる電圧・電流は定格以内である。 *
Required
3. リチウムポリマー電池を使用する場合大会で使用する電池は全て購入後2年以内のものである。(未使用の場合も「はい」を選択ください) *
Required
4. 膨張、変形、傷、保護被膜の破れなどがあるバッテリーを使用していない。 *
Required
5. バッテリーにはメーカーシールが貼られており、分解や改造をしていない。(ここでの改造とは、電池に手を加え、出力などを上げる行為を指します) *
Required
6. バッテリーへの衝撃を和らげるための対策を行っている。 *
Required
7. 出火防止のため、バッテリー、回路への過電流防止の対策を行なっている。(その他を選択した場合具体的な対策をご記入ください) *
Required
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy