第9回 Ton-ichi Talk 「学術と実学のあいだ」
「Ton-ichi Talk」は東一条館に入居するリーディングプログラム履修生の交流を目的とした座談会です。
第9回目の今回は、GSS(同プログラム一期生、アジア・アフリカ地域研究研究科所属)から廣瀬崇幹さんをお迎えします。フィールドワーカーは、からだごとフィールドに飛込み、そこに普通に生きる人々と、暮らしを共有します。そこは、見ること聞くこと感じること、すべてが『新しく』、異なる価値観で紡がれる世界なのです。そんなフィールドワークを通じて、学術研究で示すことのできる世界はほんの一部でしかありません。論文に記述したことだけでなく、自分の生き方に大きな示唆を与えてくれるようなリアルな経験があったのです。
今回のトークでは、インドネシアの小さな村に住み込んだフィールドワーカーから、長期のフィールドワークに入って初めて味わえる醍醐味や楽しさ、またそこから何を考え、これから何を目指そうとしているのか、等身大に語って頂きます。
日時:1月12日(木) 18:30〜20:00予定(20:00以降懇談会)
場所:東一条館 コミュニティーラウンジ 
お名前 *
Your answer
所属 *
学年 *
懇親会 *
参加の場合は500円程度を目処に何か一品持ち込みをお願いいたします。
メールアドレス(任意)
Your answer
今後もTon-ichi Talkの案内を希望されますか?
コメント
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms