第2回JrSr市民講座「極上の別れの条件」

昨年ハワイから帰国された臨床心理士である森田亜紀先生をお迎えします。
昨今わたしたちを取り巻く環境変化の中、人生最後の過ごし方に思いを寄せる機会も多くなりました。
広く一般の方対象ですので、医療従事者はもちろん、是非ご家族の皆様とご参加ください。

講演タイトル:「極上の別れの条件」

講演内容:ほとんどの日本人は最後まで延命を試み、そして病院で亡くなることが多い。
それは心臓が1日でも1時間でも長く動いているために、強い薬剤や機械などで生きながらえるということを意味する。
最後まで戦う医療には、往々にして心を通わせるお別れの余地がない。
ここでの「別れ」は臨終という最期の場面を意味するのではなく、命が限られていると知らされた時から始まる悲嘆のプロセス(作業)を指す。残された時間の過ごし方は人様々で、正しい答えはない。しかし別れの準備をする余地もなく、壮絶で孤独な戦いの中、苦悩や苦痛を抱えながら死ぬことは本人にとっても家族にとっても余りにも悲しい。
別れの準備は、いのちの限界を受け入れる勇気と決断から始まる。いのちは最期を意識することで一層輝きを放つ。そしてそこには、生まれてからのいのちの歩みがあり、支えてきた人々との愛情や深い絆の物語、そして安堵と満足もある。
本JrSr市民講座ではハワイ州のホスピスでグリーフケアに関わってきた経験を綴った「極上の別れの条件」(文芸社より2021年5月出版)から、人生の別れにどう向き合うのかを皆さんと考えてみたい。

講師:森田 亜紀(もりた あき)
グリーフ&ブリーブメント研究所 代表
臨床心理学博士
兵庫県出身。一部上場企業で3年勤めた後、1990年渡米。
ニューヨーク州コロンビア大学・ティーチャーズカレッジカウンセリング学科修士、ロングアイランド大学臨床心理学科博士課程修了。2012年からハワイ州オアフ島のホスピスにてグリーフカウンセラー兼、遺族ケアコーディネーターとしてグリーフケアに
関わる。2019年帰国。2021年5月「極上の別れの条件」を文芸社より出版。

ホームページ:www.akimorita-psyd.com
フェースブック:Aki Morita

講演開催日時: 2021年7月11日(日) 午前10時-11時30分(日本時間)
※講演60分、質疑応答30分

開催場所:オンライン;zoomにて開催

申込方法:Zoom申込フォームより事前登録
https://juntendo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tJAvdO2prDktHd1Y72PlZyVrk5yI_VxpP79l?fbclid=IwAR2bw9BdQcdZx1QkvLh3jnk_vVfyEt0Tuzt91LBJYnpd-yznRidnO6rWJzc

参加費:無料

定員:無し

主催、運営:JrSr

当日の参加方法について:
事前登録用フォームから登録するとすぐ受付完了のメールが届きます。
そのメールには当日のZoom参加用のリンクが記載されていますので、それをクリックして参加してください。

初めてZoomを利用される方は、下記リンクに使用方法をまとめてありますのでご参照ください。
http://jrsr.or.jp/wp-content/uploads/2021/05/Zoom%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E5%8F%97%E8%AC%9B%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97.pdf?fbclid=IwAR3fU0Ii_SR8Y5qcwxjGPSzyLl5Tzu06VB-tpg9Lgm6lPCYp1qNX02uDPE4

ご不明な点があれが、jrsroffice@jrsr.or.jp まで。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。
本文中にあるように、こちらのZoomリンクよりお申し込みください。リンク:https://juntendo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tJAvdO2prDktHd1Y72PlZyVrk5yI_VxpP79l?fbclid=IwAR2bw9BdQcdZx1QkvLh3jnk_vVfyEt0Tuzt91LBJYnpd-yznRidnO6rWJzc
Clear selection
Submit
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy