日本公開天文台協会(JAPOS)第7回九州地区研修会 参加申し込みフォーム
【!!重要!!】参加者1名ごとにお申し込みが必要です。複数同時にお申し込みいただくことはできません。

【お知らせ】参加日程が確定しない方がいらっしゃいましたので、募集期間を8(土)終日までに延長します

1.日時   令和元年6月10日(月) 12:00 - 12日(水) 12:00
2.場所   〒869-1502 熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川1810
       南阿蘇ルナ天文台・オーベルジュ「森のアトリエ」
3.テーマ  理論と実践:サイエンスコミュニケータとしての天文台解説員
4.定員   20名(原則的に申し込み順)
5.参加資格 天文台に限らず、プラネタリウムや科学館・博物館など
       資格や経験年数を問わず一般を対象とした公開体験プログラム
       (天体観察会、文化講座など)の企画・実施に興味のある方。
6.費用   研修費 ¥2,000/1名(参加日程問わず共通)
       (食費、宿泊費等は別途記載)
7.参加申込  6月8日(土)締切(延長)
8.お問い合わせ 南阿蘇ルナ天文台 園木宛 observatory@luna.jp.net


【費用について】

★共通
・研修費 ¥2,000/1名(参加日程問わず共通)
・6/11お弁当代:1食 600円
(近隣にコンビニやレストランはありません)

★ご宿泊ご希望の方
・会場併設の宿泊施設、オーベルジュ「森のアトリエ」https://www.via.co.jp/
1泊2食(朝夕込):¥7,000/1名(全日程参加の場合 2泊分:¥14,000)

★懇親会(6/11(火)予定)参加ご希望の方
・¥4,000/1名(お食事,飲み物代込)
※南阿蘇の郷土料理屋で開催予定


6月10日(月)

12:00  開会式
12:10  午後セッション(240分)
     §1.「サイエンスコミュニケーターとしての天体解説員とは?」
     §2.「機材操作技術と光学」
     §3.「対象天体観察技術」
     §4.「観察プログラム企画技術」
16:30  宿泊施設チェックイン
18:00  夕食
20:00  南阿蘇ルナ天文台でナイトセッション(90分)


6月11日(火)

09:00  午前セッション(180分)
     §5.「観察グループの作り方」
     §6.「効果的な天体解説方法」
     §7.「より深い理解をもたらすナラティブ(物語的)な解説手法」
     §8.「天体観察を通して起こる理解構造の再構築」
12:00  休憩
13:00  午後セッション(180分)
     §8.「天体観察を通して起こる理解構造の再構築」
     §9.「天体観察会で起こる気づきと発見の構造」
     §10.「観察会後へ続く学びのプロセスづくり」
16:00  終了
18:00  情報交換会(希望者のみ、別途実費)


6月12日(水)

09:00  午前セッション(90分)
     §11.「サイエンスコミュニケータ自身の学び & 伝えたいこと」
10:30  総合セッション(75分)
     §12.「観察会のクロージングのあり方」
     §13.「次世代の天体観察会に向けて」
11:45  閉会式
12:00  終了、解散

参加者氏名をお書きください *
Your answer
氏名のふりがなをお書きください *
Your answer
所属(施設名等)をお書きください
Your answer
電話番号をお書きください(昼間連絡がつく番号) *
Your answer
メールアドレスをお書きください *
Your answer
参加日程すべてにチェックを入れてください。 *
Required
情報交換会(2日目 6/11火 18:00〜)に参加しますか? *
食物アレルギーがあればお書きください
Your answer
この研修会をどこで知りましたか?
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of オーベルジュ「森のアトリエ」. Report Abuse