東アジア恠異学会第134回定例研究会参加申込み
【第134回定例研究会/オンライン第8回研究会】
日時:2021年12月11日(土)13:00~
会場:zoom

内容:

〇シンポジウム「東アジアの卜と占 ―日本古代における中国の怪異・卜占をめぐる知識と技術の受容―」

【要旨】
本シンポジウムは、「怪異」と卜占について、そのルーツとなった中国の祥瑞災異思想・天人相関観念との比較をふまえ、東アジアにおける知識の流通と受容の中でその位置づけを試み、日本古代における知識と技術の国家管理を明らかにすることを目的として進めてきた共同研究のまとめとして実施する。
近年、古代中国で成立した陰陽・五行の数理に基づく吉凶判断である〈術数文化〉の研究を進めている水口幹記氏の基調報告の後、久禮旦雄氏・佐々木聡氏の亀卜に関する報告、災異占に関する大野裕司氏の報告を行う。亀卜、宿曜道、災異占等の卜占の知識と技術の分析から、人と神霊を媒介するものとしての卜占研究の課題を明ら
かとし、怪異学の新たな視点を導き出したい。

【趣旨説明】大江 篤(園田学園女子大学教授・東アジア恠異学会代表)

【基調報告】水口幹記(藤女子大学教授)
「成尋と宿曜勘文―平安人の占いをめぐる一コマ―」

【報告1】 久禮旦雄(京都産業大学准教授)
「日本古代の国家と卜占」

【報告2】佐々木聡(金沢学院大学専任講師)
「唐代の亀卜についての基礎整理」

【報告3】大野裕司(大連外国語大学外語講師)
「中国古代の災異占―『山海経』および新出資料―」

【総合討論】司会:大江篤

【共催】
基盤C「日本古代における中国の怪異・卜占をめぐる知識と技術の受容」(代表 大江篤/課題番号18K00978)
基盤B「5~12世紀の東アジアにおける〈術数文化〉の深化と変容」(代表 水口幹記/課題番号20H01301)

※ 参加希望者にメールでzoomの案内をお送りいたします。
※ 当会は学術団体ですが、参加資格・制限は特に設けておりません。
Sign in to Google to save your progress. Learn more
Email *
参加されますか? *
お名前をご記入ください(本名でなく業務上の通名でも構いません) *
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy