次世代、アイデンティティ・アクセスコントロール・マネジメント:IGA(IDガバナンス管理)
Covid-19(コロナウイルス)の影響で在宅勤務をかせている企業が増えてきていていますが、
PAM(特権管理)やSSO(シングルサインオン)を導入しただけでは安全な環境を築けません。

複雑化して行くIT環境で「誰が何にアクセスしているのか」「アクセス権はどのように使われているか」そして「本来誰がアクセス権を持つべきか」という重要な質問にすぐに対応できなくてはいけません。

数千から数万の従業員を抱える欧米のグローバル企業は、一人につき10以上のデータ、アプリ、システムを
扱っていると億単位のアクセスを管理しなくてはいけなくなり、従来型のID管理(IAM)では対応が不可能になっています。

そこで多くの欧米のグローバル企業では、ITオペレーションや監査対応の生産性向上だけではなく、情報漏洩を阻止するためにセキュリティ強化が可能となるIGA(アイデンティティ・ガバナンス&アドミニストレーション:IDガバナンス管理)を導入しています。

本セミナーでは今後日本(特にグローバル展開している企業)で必須となるIGAについてご説明をさせていただきます。

Email address *
この度は弊社Webセミナーに申し込み頂き誠にありがとうございます。良い情報共有の場を参加者の皆様にご提供したく、申し込みにつき、いくつかご質問をご用意させていただきましたのでご協力いただければ幸いです。
お名前 *
会社名 *
電話電話番号 *
部署 *
役職 *
IAM・IGAの違いを理解している *
現在自社でアイデンティティ管理プロジェクトを進めている *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy