シンポジウム      「歴史が導く災害科学の新展開」
7年前の東日本大震災は、日本列島が地震・津波をはじめとした様々な災害の多発地帯であることを我々に知らしめた。一方で、日本には災害が多発する故に、過去の災害における様々な痕跡や、先人達の記録が数多く残されている。東日本大震災以降の災害研究を展開する上で、これらの日本における災害の歴史を紐解くこと、さらにこれらの災害の歴史を伝える多様な資料に注目が集まっている。
東北大学では2012年に災害科学国際研究所を新設し、実践的防災学の構築を目指して、文系と理系の研究者による文理融合型の災害研究を展開してきた。また、東北大学は2017年6月に指定国立大学の認定を受け、世界トップレベルの研究拠点を目指す4領域として「災害科学」を掲げている。さらに、災害で被災した歴史資料の保全活動を積極的に展開するため、2018年1月に東北大学と人間文化研究機構・神戸大学との間で連携協定を締結し、全国規模で歴史資料の保全と活用をはかる歴史文化遺産ネットワーク事業を開始することにしている。
本シンポジウムでは、東日本大震災をうけて展開された文化財や歴史資料の保全活動や、東北地方で過去に発生した歴史災害に関する研究の成果を報告し、史資料の保全・活用と文理融合型の災害研究を相互的に発展させるための意見交換をはかることにしたい。


                    記

日時:平成30年2月10日(土)13:00~17:00
場所:東北大学災害科学国際研究所 1F多目的ホール
申込み:下記ホームからお申し込み下さい。

主催:東北大学災害科学国際研究所
共催:人間文化研究機構、東北大学災害科学国際研究所:被害予測と軽減ユニット(代表・今村文彦)・アーカイブユニット(代表・川島秀一)、共同研究助成「岩手県沿岸における災害資料の整理・アーカイブと災害研究」(代表・奥村弘)

                 <プログラム>

13:00-13:05 所長挨拶 今村文彦

第一部・文理融合型による災害研究の展開 (司会:サッパシー・アナワット)
13:05-13:20 今村文彦…災害科学国際研究所における文理融合型の研究活動について
13:20-13:25 柳澤和明(東北歴博)…貞観地震・津波研究の現状と課題―陸奥国府多賀城跡における被害と復興を中心に
13:30-13:45 後藤和久(災害研)…地質記録にみる東北地方太平洋沿岸の津波履歴
13:45-14:00 蝦名裕一(災害研)…歴史学研究の観点からみた慶長奥州地震津波
14:00-14:15 平野勝也(災害研)…土木史からみる石巻と北上川

第二部・被災史料を活用した新たな研究の展開(司会:佐藤翔輔)
14:30-14:45 菊池慶子(東北学院大学)仙台湾岸における海岸防災林の履歴
14:45-15:00 川内淳史・小野塚航一(神戸大学)…明治三陸津波と大船渡の近代化―被災資料の保全作業を通して―
15:00-15:15 熊谷 誠(岩手大学)…唐丹村行政文書にみる昭和三陸津波への対応
15:15-15:30 川島秀一(災害研)…三陸沿岸と災害文化

コメント
15:30-15:40 奥村弘(神戸大学)
15:40-15:50 平川南(人間文化研究機構)

(10分休憩)

16:00-17:00 パネルディスカッション
コーディネーター:今村文彦、奥村弘
パネラー:柳澤、後藤、蝦名、平野、菊池、川内、熊谷、川島


お名前/Name
Your answer
ふりがな
Your answer
ご所属/Affiliation
Your answer
ご連絡先メールアドレス/E-mail address
Your answer
メッセージ・ご要望、ご質問など
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms