皇室を京都へ!双京構想の実現に向けて! 「今上天皇ご退位後、我々はお帰りをお待ちしております。」
明治2年、明治天皇は陛下の玉座・高御座を京都御所に残したまま、京都から長い行幸へお出かけになって以来、京都の町衆は、「いつかお戻り戴ける」と願ってきました。
 今上天皇の生前退位が実現すれば、町衆の念願「皇室に京都にお帰り頂きたい」即ち、「今上天皇のご退位後のお住まいは京都御所にお住い頂きたい」と願うものであります。
お名前 *
Your answer
住所(番地までお書きください。) *
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms