先端IT活用総括講座 (2019.11.28)
ビジネスモデルの改良で人手不足解消・業務効率改善
自社のビジネスモデルを分析し、課題の明確化及びその解決に至る手法を「ビジネスモデルキャンバス」を通じて学んでいただく講座です。
参加申込
事業所名 *
参加者名(代表参加者名) *
連絡先メールアドレス *
参加人数 *
講座内容
ビジネスモデルの改良で人手不足解消・業務効率改善セミナー

■概要
日時:2019年11月28日(木) 13:00~16:30(開場 12:30)
会場:P’s SQUARE 5階 conference (浦添市西原2-4-1)
   (駐車場 250台完備、西原ICより車で3分)
対象:沖縄県内各産業、産業支援団体等
定員:50名(1事業者3名様までのご参加でお願い致します)
料金:無料
主催:沖縄県商工労働部情報産業振興課
内容:ビジネスモデルキャンバスで描く人手不足解消・業務効率改善への道
・自社ビジネスモデルの変革演習講座 ①
・自社のビジネスモデルキャンバスの作成
・自社ビジネスモデルの変革演習講座 ②
・自社ビジネスモデル変革のワーキング(ディスカッション)
講師:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 中尾 克代 氏

◆自社ビジネスモデルの変革演習
自社の経営課題に向き合っていただきます。まずは、業務プロセスの観点から、そしてビジネスモデル変革の観点から経営課題を明確化します。

「収益上の埋蔵金は業務プロセスにある」という視点で、プロセスの観点から自社の経営課題の整理をおこない、もっと集積を上げるためにどのプロセスをどのように改善すべきか、ITの活用により生産性を上げることができるプロセスはないかを考察します。

◆自社のビジネスモデルキャンバスの作成
中小企業のビジネスモデル変革の事例をビジネスモデルキャンバスという手法で整理した教材を使いながら、自社のビジネスモデルキャンバスを書いていただき、どのような視点で自社のビジネスモデル変革を進めていけばよいかを考えて頂きます。

ビジネスモデルキャンバスはビジネスモデルを9つの要素(顧客セグメント、顧客との関係、チャネル、提供価値、キーアクティビティ、リソース、パートナー、コスト構造、収入の流れ)を紐解く手法です。

ビジネスモデルキャンバスの作成には地元の経営×ITのスペシャリスト、ITコーディネータ沖縄の方々にも協力頂き、自社のビジネスモデルをどのように書いたら良いか、またどのように変革していくべきかについて個別に丁寧に指導させて頂きます。

◆自社ビジネスモデル変革のワーキング(ディスカッション)
作成した自社のビジネスモデルキャンバスをベースに様々なアイデア出しや連携・変革の可能性を模索し、自社ビジネスモデルの改良による人手不足解消や業務効率の改善、生産性の向上、売上の向上等を実現する手法を学びます。
コメントまたはご質問
お問合せ先
一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)
那覇市銘苅2丁目3-6 那覇市IT創造館4F
担当:安田(やすだ)・外間(ほかま)・武末(たけすえ)
TEL:098-953-8154
メール:ait@isc-okinawa.org
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy