ヒバクシャ国際署名
被爆者は核兵器廃絶を心から求めます。

人類は今、破壊への道を進むのか、命輝く青い地球を目指すのか岐路に立たされています。1945 年 8 月 6 日と 9 日、米軍が投下した 2 発の原子爆弾は、一瞬に広島・長崎を破壊させ、数十万の人びとを無差別に殺傷しました。真っ黒に焦げ炭になった屍、ずるむけのからだ、無言で歩きつづける人びとの列。生き地獄そのものでした。生きのびた人も、次から次と倒れていきました。70 年が過ぎた今も後障害にさいなまれ、子や孫への不安のなか、私たちは生きぬいてきました。もうこんなことは、たくさんです。
沈黙を強いられていた被爆者が、被爆から 11 年後の 1956 年 8 月に長崎に集まり、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)を結成しました。そこで「自らを救い、私たちの体験を通して人類の危機を救おう」と誓い、世界に向けて「ふたたび被爆者をつくるな」と訴えつづけてきました。被爆者の心からの叫びです。
しかし、地上では今なお戦乱や紛争が絶えず、罪のない人びとが命を奪われています。核兵器を脅迫に使ったり、新たな核兵器を開発する動きもあります。現存する 1 万数千発の核より地球上に存在するすべての生命を断ち切り、環境を破壊し、地球を死の星にする悪魔の兵器です。
人類は、生物兵器・化学兵器について、使用・開発・生産・保有を条約、議定書などで禁じてきました。それらをはるかに上回る破壊力をもつ核兵器を禁じることに何のためらいが必要でしょうか。被爆者は、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めます。
平均年齢 80 歳を超えた被爆者は、後世の人びとが生き地獄を 体験しないように、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したいと切望 しています。あなたとあなたの家族、すべての人びとを絶対に被爆者にしてはなりません。あなたの署名が、核兵器廃絶を求める何億という世界の世論になって、国際政治を動かし、命輝く青い地球を未来に残す
と確信します。あなたの署名を心から訴えます。

<よびかけ被爆者代表 >
坪井直、谷口稜曄、岩佐幹三【以上、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)・代表委員】、田中煕巳【日本被団協・事務局長】、郭貴勲【韓国原爆被害者協会・名誉会長】、向井司【北米原爆被害者の会・会長】、森田隆【ブラジル被爆者平和協会・会長】、サーロー・セツコ【カナダ在住】、山下泰昭【メキシコ在住】

*この署名は日本YWCAで一度集約をし、ヒバクシャ国際署名連絡会に送られた後、国連に提出します。

私は被爆者の訴えに賛同して署名します。
被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い核兵器を禁止し廃絶する条約をむすぶことをすべての国に求めます。
氏名 *
Your answer
住所 *
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service