震災の教訓をどう継承するか
第7回いのち・子どもと教育を考えるつどい
震災の教訓をどう継承するか~若者の語り部活動の今と学校防災の未来~

日時:2021年2月27日(土)13:30~15:30
場所:フォレスト仙台2F第5・6会議室
内容:【語り部や継承活動をしている若者のトーク】
 ・きずなFプロジェクト(七ヶ浜の高校生グループ。震災紙芝居の上演活動)
 ・永沼悠斗さん(大学生。大川伝承の会。大川地区「記憶の街」模型復元プロジェクト実行委員。)
参加費:無料
参加方法:①会場参加 先着30名(申込必須) ②Youtubeでのライブ配信視聴(申込不要)

注意事項:感染症対策のため、参加人数を制限しています。参加申込をせずに会場に来られた場合、参加をお断りいたします。会場参加を希望される場合、必ず、事前予約をお願いいたします。また、会場参加の方はマスクの着用・入口での検温等、感染症対策にご協力ください。風邪の症状や発熱がみられる方の参加をお断りいたします。感染状況等により、すべての参加者に会場ではなくライブ配信視聴をお願いする場合があります。その際は、申込みいただいた連絡先に、お知らせいたしますので、正確にご記入ください。
名前 *
学校名や所属団体等 *
メールアドレス *
※オンライン参加になった場合には、参加に必要なURL等を送信しますので正しくご入力ください。
緊急連絡先 *
※メールアドレスによるお知らせが送信できなかった場合や当日の変更点等の連絡に使用します。
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy