「コロナ×学校の働き方改革」緊急実態調査(にいかわ支援学校、となみ総合支援学校、高岡支援学校、しらとり支援学校、となみ東支援学校、富山高等支援学校、高岡高等支援学校)     

質問は全部で28問です。答えづらい、分からない設問については抜かしていただいてもけっこうです。
あなたの役職をおしえてください *
コロナで負担が増えたことは何ですか
コロナで削減されて良かったことは何ですか
あなたの時間外勤務時間についてお答えください。
時間外勤務時間は、在校した時間から休憩時間・勤務しなかった時間を引いたものです。休日に出勤した時間は含みますが、家に持ち帰った時間は含みません。
7~9月のあなたの時間外勤務時間についてお答えください。(持ち帰りは含まず、土日に出勤した時間は含む)はどれだけでしたか。
分かる月だけお答えください
7月の時間外勤務時間
Clear selection
8月の時間外勤務時間
Clear selection
9月の時間外勤務時間
Clear selection
あと20問です
ここ1週間の持ち帰り業務はどれくらいありましたか(土日も含む7日間の合計)
Clear selection
直近の土日に出勤した時間(2日間の合計)はどれだけですか
Clear selection
通常、勤務開始時刻よりもどれくらい前に、出勤しますか。
Clear selection
30分以上早く来る方に聞きます。早く出勤する理由は何ですか。(複数回答可)
4月1日から、教職員の勤務時間について以下のような運用が始まっていることを、教育委員会や管理職から説明がありましたか。
「公立学校の教職員の業務量の適切な管理その他教育職員の服務を監督する教育委員会が教育職員の健康及び福祉の確保を図るために講ずべき措置に関する指針」(2020.1.17)とその「Q&A」(2020.7.17)に示されています。
教職員の時間外勤務時間の上限が月45時間、年間360時間になったこと。
Clear selection
上限時間を超えることができるのは「臨時的な特別な事情」のある場合に限られること
Clear selection
教職員の勤務時間の上限を遵守するために、教育委員会が校務分掌の適正化や業務削減などの改善を行う責任があること。 *
管理職や教育委員会が、長時間化を防ぐとりくみをせずに、教職員に上限時間を遵守するよう求めるのみであってはいけないこと。
Clear selection
教職員が勤務時間の虚偽の記録を行った場合、校長が懲戒処分の対象となりうること。
Clear selection
あと10問です。
教育委員会や管理職は、持ち帰り業務を把握し、持ち帰り業務を縮減するとりくみをすすめなければいけないこと。
Clear selection
教職員の勤務条件や心身の健康問題についての相談窓口(人事委員会・公平委員会)があること。
Clear selection
現在、異動内示が修了式の日に行われていますが、その時期についてどのように考えますか。
Clear selection
その理由は何ですか。(複数回答可)
今年度、出張が少なくなったことについてどのように感じていますか。(複数回答可)
出張が少なくなったことでどのような影響がありましたか(複数回答可)
来年度以降の出張はどのようになればいいと思いますか(複数回答可)
スクール・サポート・スタッフ(SSS)について当てはまるものにチェックをしてください(複数回答可)
コロナ後の学校のあり方を検討するときに、優先してほしいことを選んでください。(3つ以内)
質問はこれで終わりです。最後に、ご意見があればご自由にお書きください。(任意)
送信ボタンを1度押し、「回答を記録しました」と表示されましたら、終了です。回答ありがとうございました。
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy