手話ガイドをしてみたい、聴覚に障がいのある方のための応募用ページ
「手話ガイド育成支援プロジェクト」では、誰もが学び・楽しめる博物館・園の実現のために、「科学系博物館(水族館・動物園・植物園を含む)に、聴覚に障がいのある来館者に応対できる手話ガイド(ろう者・聴者)を置くことを目的として活動しています。手話を活かして活躍したいと考えておられる聴覚に障がいのある方と手話ガイドを必要としている各館・各園をつなぎます。

このアンケートは、双方のご希望を把握した上でマッチング作業を行うことを目的として行うものです。
現時点でのご要望をお気軽にお聞かせください。
Q1: 手話ガイドをしてみたい施設はどれですか?(複数回答可)
Q2: 手話ガイドとして活動してみたい具体的な施設名があれば教えてください。
Your answer
Q3: 手話ガイドに挑戦してみたい時期について、ご意向をお聞かせください。
Q4: ガイドになるための養成講座に参加できる、曜日や日数についておおまかで結構ですのでお聞かせください。
Your answer
Q5: どうして手話ガイドをしてみたいと思いましたか?動機をお聞かせください。
Your answer
Q6: 自然科学について、関心のある分野は何ですか?ご自由にお書きください。
Your answer
Q7: ご専門がありましたら教えてください。(例:大学・高専等でのご専攻、学芸員や教員免許などお持ちの資格など)
Your answer
Q8: 手話ガイドへの応募にあたり、あなたのアピールポイントをおきかせください。
Your answer
Q9: 将来、どのような形での活動でしたら手話ガイドをお受けいただけますか?
Q10. 手話ガイドへの応募にあたり、ご質問などございましたらご自由にお書きください。
Your answer
Q11.自然科学系のイベントや取り組みを手話で行っている例をご存じでしたらおしえていただけませんでしょうか。参考とさせていただきたく、ご協力よろしくお願いします。
Your answer
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy