FP3級・学科(ライフプラン)
ライフプランの学科試験からの出題
氏名(入力必須) *
Your answer
【1】一定の利率で複利運用しながら、毎年一定金額を積み立てた場合の一定期間経過後 の元利合計額を試算する際、毎年の積立額に乗じる係数は、減債基金係数である。(2018年1月学科)
1 point
【2】雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、原則として、算定基礎期間を満たす60歳 以上65歳未満の被保険者が、60歳到達時点に比べて賃金が85%未満に低下した状態で 就労している場合に、被保険者に対して支給される。
1 point
【3】老齢基礎年金の支給開始年齢を繰り下げて受給する場合、繰下げによる加算額を算 出する際の増額率は最大42%である。(2018年1月学科)
1 point
【4】国民年金の第3号被保険者は、確定拠出年金の個人型年金の加入者となることがで きる。(2018年1月学科)
1 point
【5】住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場 合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額 が多いのは、元金均等返済方式である。(2018年1月学科)
1 point
【6】健康保険の被保険者が業務外の事由による負傷または疾病の療養のため仕事を連続 して4日以上休み、休業した期間について報酬を受けられなかった場合は、傷病手当金が、その支給を始めた日から起算して(    )を限度として支給される。 (2018年1月学科)
1 point
【7】老齢基礎年金の受給資格期間を満たすためには、保険料納付済期間、保険料免除期間等を合算した期間が(    )以上必要である。(2018年1月学科)
1 point
【8】遺族厚生年金の中高齢寡婦加算の支給に係る妻の年齢要件は、夫の死亡の当時、子のない妻の場合、( )である。(2018年1月学科)
1 point
【9】確定拠出年金の企業型年金において、マッチング拠出により加入者が拠出した掛金は、その(   )が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となる。(2018年1月学科)
1 point
【10】日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資金利は( ① )で あり、返済期間は母子家庭等の場合を除き( ② )以内となっている。 (2018年1月学科)
1 point
【11】税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客のために反復継続して確定申告書の作成を代行しても、その行為が無償であれば税理士法に抵触しない。(2017年9月学科)
1 point
【12】日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の返済期間は、母子家庭等の場合を除き10年以内である。(2017年9月学科)
1 point
【13】公的介護保険の保険給付の対象となるサービスを利用したときの被保険者の自己負担割合は、原則として、そのサービスにかかった費用(食費、居住費等を除く)の3割である。(2017年9月学科)
1 point
【14】65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、70歳到達日に老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合の老齢基礎年金の増額率は、42%になる。(2017年9月学科)
1 point
【15】遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は、被保険者等の死亡当時、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹である。(2017年9月学科)
1 point
【16】現在40歳のAさんが、60歳の定年時に、老後資金として2,000万円を準備するために、 現在から20年間、毎年一定額を積み立てる場合、必要となる毎年の積立金額は(   )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)1%で複利運用されるものとし、計算 にあたっては下記の〈資料〉を利用するものとする。(2017年9月学科)
1 point
Captionless Image
【17】健康保険に任意継続被保険者として加入できる期間は、最長で(   )である。(2017年9月学科)
1 point
【18】老齢厚生年金に加給年金額が加算されるためには、老齢厚生年金の受給権者本人が有する厚生年金保険の被保険者期間が原則として(   )以上なければならない。(2017年9月学科)
1 point
【19】確定拠出年金の個人型年金の掛金を支払った場合、その支払った金額は、(   ) として所得税における所得控除の対象となる。 (2017年9月学科)
1 point
【20】貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合、原 則として、年収の(   )を超える借入はできない。 (2017年9月学科)
1 point
【21】弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客から相続についての 相談を受け、遺産分割に関する一般的な説明を行う行為は、無償であっても弁護士法 に抵触する。(2017年5月学科)
1 point
【22】ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングにあたって個人顧客のバラン スシートを作成する場合、バランスシートに計上する有価証券の価額については時価、 生命保険については作成時点の解約返戻金相当額を使用する。(2017年5月学科)
1 point
【23】健康保険の被保険者が同月内に同一の医療機関等で支払った医療費の一部負担金等の額が、その者に係る自己負担限度額を超えた場合、その超えた部分の額は、所定の 手続により、高額療養費として支給される。(2017年5月学科)
1 point
【24】遺族基礎年金を受給することができる遺族は、国民年金の被保険者等の死亡の当時、 その者によって生計を維持され、かつ、所定の要件を満たす「子のある配偶者」また は「子」に限られる。(2017年5月学科)
1 point
【25】日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の資金使途は、受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費等)および学校納付金(入学金、授業料、 施設設備費等)に限られる。(2017年5月学科)
1 point
【26】一定の利率で複利運用しながら、毎年一定金額を積み立てた場合の一定期間経過後 の元利合計額を試算する際、毎年の積立額に乗じる係数は、( )である。 (2017年5月学科)
1 point
【27】公的介護保険の被保険者は、( ① )以上の者は第1号被保険者、( ② )の公 的医療保険加入者は第2号被保険者に区分される。 (2017年5月学科)
1 point
【28】遺族厚生年金の額(中高齢寡婦加算額および経過的寡婦加算額を除く)は、原則と して、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金 の報酬比例部分の額の(    )である。 (2017年5月学科)
1 point
【29】確定拠出年金の企業型年金において、企業型年金加入者掛金(マッチング拠出によ る加入者が拠出する掛金)は、その(    )が所得税における小規模企業共済等掛 金控除の対象となる。 (2017年5月学科)
1 point
【30】フラット35(買取型)において、融資率(フラット35の借入額÷住宅の建設費また は購入価額)が(    )を超える場合は、融資率が(   )以下の場合と比較し て、取扱金融機関では、通常、借入額全体の金利が高く設定されている。 (2017年5月学科)
1 point
【31】税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客の要請により、その 顧客が提出すべき確定申告書を代理作成する行為は、無償であれば税理士法に抵触しない。(2017年1月学科)
1 point
【32】国民年金の学生納付特例制度により保険料の納付が猶予された期間は、その期間に 係る保険料の追納がない場合、老齢基礎年金の受給資格期間には算入されるが、老齢基礎年金の額には反映されない。(2017年1月学科)
1 point
【33】国民年金基金に加入している者は、国民年金の付加保険料を納付することができな い。(2017年1月学科)
1 point
【34】遺族厚生年金の額は、原則として、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基 礎として計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の3分の2相当額である。(2017年1月学科)
1 point
【35】クレジットカードを紛失した個人のカード会員は、その事実について速やかにカー ド会社等へ所定の届出を行った場合、原則として、当該カード会社が届出を受けた日 の120日前以降のカードの利用代金の支払債務が免除される。(2017年1月学科)
1 point
【36】一定の利率で複利運用しながら一定期間経過後に目標とする額を得るために必要な 毎年の積立額を試算する場合、目標とする額に乗じる係数は、(    )である。 (2017年1月学科)
1 point
【37】65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、69歳到達日に老齢 基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合の老齢基礎年金の増額率は、(    )となる。 (2017年1月学科)
1 point
【38】国民年金の第1号被保険者が死亡し、その遺族である妻が寡婦年金と死亡一時金の 両方の受給要件を満たす場合、その妻は( )。 (2017年1月学科)
1 point
【39】雇用保険の教育訓練給付金のうち、一般教育訓練に係る教育訓練給付金の額は、教 育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%相当額であるが、その額が(    )を超 える場合は、( )が支給される。 (2017年1月学科)
1 point
【40】下図は、住宅ローンの返済方法をイメージ図で表したものであるが、A図は( ① ) 返済方式を、B図は( ② )返済方式を、両図のPの部分は( ③ )部分をそれ ぞれ示している。(2017年1月学科)
1 point
Captionless Image
【41】ファイナンシャル・プランナーが顧客と投資顧問契約を締結し、その契約に基づき投資助言・代理業を行うには、金融商品取引業の登録を受けなければならない。
1 point
【42】公的介護保険において要介護認定を受けた被保険者が、居宅で生活するために必要な住宅改修を行った場合は、所定の手続により、改修に要した費用の全額が居宅介護住宅改修費として支給される。
1 point
【43】国民年金の被保険者が、学生納付特例制度の適用を受けた期間について国民年金保険料の追納をする場合、追納できる保険料は、厚生労働大臣の承認の日の属する月前10年以内の期間に係るものに限られる。
1 point
【44】国民年金の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が10年である老齢基礎年金の受給権者が死亡した場合、所定の遺族は遺族基礎年金の受給権を取得することができる。
1 point
【45】住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は、一律ではなく、取扱金融機関がそれぞれ独自に決定する。
1 point
【46】元金2,000万円を、利率(年率)1%で複利運用しながら10年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記〈資料〉の係数を使用して算出すると(  )となる。
1 point
Captionless Image
【47】健康保険の任意継続被保険者となるための申出は、被保険者の資格を喪失した日から原則として(  )以内にしなければならない。
1 point
【48】65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、68歳到達日に老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合の老齢基礎年金の増額率は、(  )となる。
1 point
【49】住宅ローンの返済方法のうち、元利均等返済方式と元金均等返済方式の利息を含めた総返済金額を比較すると、返済期間や金利などの他の条件が同一である場合、通常、その額は、(  )。
1 point
【50】日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の融資限度額は、所定の海外留学資金として利用する場合を除き、進学・在学する( ① )につき( ② )である。
1 point
【51】税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのAさんは、顧客から土地の譲渡についての相談を受け、提示された売買契約書等に基づき、譲渡所得に係る所得税額および住民税額を計算したうえで確定申告書の作成を代行した。
1 point
【52】全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者に支給される傷病手当金の額は、1日につき、原則として、支給開始日の属する月以前12カ月間の各月の標準報酬月額の平均額を30で除した金額に、4分の3を乗じた額である。
1 point
【53】国民年金の第1号被保険者によって生計を維持している配偶者で20歳以上60歳未満の者は、国民年金の第3号被保険者となる。
1 point
【54】国民年金の付加年金の額は、400円に付加保険料に係る保険料納付済期間の月数を乗じて得た額である。
1 point
【55】住宅ローンの一部繰上げ返済には、一般に、毎月の返済額を変更せずに残りの返済期間を短くする期間短縮型と、返済期間を変更せずに毎月の返済額を減額する返済額軽減型がある。(2018年9月)
1 point
【56】Aさん(50歳)は、現在から10年間、毎年一定額を積み立てて、老後資金として1,000万円を準備したいと考えている。この場合、必要となる毎年の積立金額は( )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)2%で複利運用されるものとし、計算にあたっては下記の〈資料〉を利用するものとする。(2018年9月)
1 point
Captionless Image
【57】雇用保険の育児休業給付金の額は、育児休業を開始した日から育児休業給付金の支給に係る休業日数が通算して180日に達するまでの間は、1支給単位期間当たり、原則として休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の(   )相当額となる。(2018年9月)
1 point
【58】厚生年金保険の被保険者期間が原則として(  )以上ある夫が65歳から老齢厚生年金を受給する場合、夫と生計維持関係にある65歳未満の妻が所定の要件を満たしていれば、妻が65歳になるまでの間、夫の老齢厚生年金には配偶者の加給年金額が加算される。(2018年9月)
1 point
【59】遺族厚生年金の中高齢寡婦加算の支給に係る妻の年齢要件は、夫の死亡の当時、子のない妻の場合、(   )である。(2018年9月)
1 point
【60】貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合、原則として、年収の(   )を超える借入れはできない。(2018年9月)
1 point
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 青い森マネードクターズ. Report Abuse - Terms of Service