英文書出版を考える――アジア地域研究の実例から
一般社団法人 学術英語学会 主催 ワークショップ

日時: 2022年 2月 26日 (土) 14時00分~15時30分(予定)
会場: Zoom によるウェビナー (講演の言語は原則、日本語です)
*終了後,講師を交えた意見交換会を予定

概要:英文の学術書(モノグラフ)出版は、人文・社会科学系の研究成果として重要な役割を果たすが、言語や流通慣行、および前提とする価値観の差違などから多くの困難を伴い、日本を拠点とする研究者の場合は極めて稀である。当ワークショップでは、アジア地域研究を専門とする二名の講師から経験談を聞き,参加者との質疑を通じ、学術英語の実用における課題共有と,非欧米圏からの英文による研究成果公開の可能性を探る。

参加申し込みフォーム
Sign in to Google to save your progress. Learn more
お名前/Name *
メールアドレス(連絡先)/Contact information *
学術英語学会の会員ですか?/Are you a member of J-SER? *
非会員の方のみ、以下の質問にお答えください。
学術英語学会の会員の方は、以上で申し込み終了となります。
後日、参加Zoom Linkをメールでお知らせいたしますので、当日はそちらからご入室ください。

今回お申し込みいただいた非会員の方は、後日、参加費振込先情報をお送りいたします。
ご入金の確認後、Zoom Linkをメールでお知らせいたします。

当日、講師の方に聞いてみたい質問があれば、以下にご記入ください。
講師の方への質問/Questions for the lecturers
(非会員の方のみ)今後、学術英語学会から発信される情報の受け取りを希望されますか?/Do you wish to receive further information from us?
Clear selection
Thank you very much. Looking forward to seeing you soon.
お申し込みありがとうございました。当日、お目にかかれることを楽しみにしております。
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy