一般財団法人アスリートフラッグ財団:アスリート・スポーツ団体等申込フォーム
このページは一般財団法人アスリートフラッグ財団が提供するスポーツギフティングサービス「Unlim」への登録申し込みフォームです。はじめに当財団の「事前同意事項」「スポンサー契約約款」「スポーツギフティングサービス利用規約(アスリート向け)」をお読みいただき、同意をお願いいたします。
アスリート登録申込時の事前同意事項
制定日:2019年12月20日

一般財団法人アスリートフラッグ財団(以下「当財団」といいます。)に対し、当財団のアスリート登録(当財団とのスポンサー契約締結、スポーツギフティングサービスのアスリート用アカウント登録を含みます。)の申込(以下「本申込」といいます)をするにあたり、申込者は以下の事項を同意したものとします。

1.アスリート登録
アスリート登録とは、当財団が、個々のアスリートを、当財団との間のスポンサー契約締結の対象者及びスポーツギフティングサービスのアスリート用アカウントの利用者として登録することをいいます。アスリートは当財団とスポンサー契約を締結するには、当財団がそのアスリートについてアスリート登録をする必要があります。

2.規約等の遵守
申込者は、本申込に先立ち、本同意事項のほか、スポンサー契約書、スポーツギフティングサービス利用規約(アスリート用)及びスポーツギフティングサービスに関するその他の規約等の内容(以下「規約等」といいます。)を確認しており、アスリート登録が完了した場合には、これらの内容を全て遵守する義務があることを理解した上で、本申込を行うものとします。

3.未成年者による申込
未成年者が本申込をする場合、当該未成年者の親権者による本申込に関する当財団所定の同意書面(以下「同意書面」といいます。)を、当財団の定める方法で当財団に提供する必要があります。

4.本申込時に提供する情報及びその取扱い
(1)申込者は、本申込の登録フォームに従って、当財団が審査に必要なものとして指定した情報を当財団に提供します。(以下、申込者が提供した情報を総称して「申込者提供情報」といいます。) 
(2)申込者は、当財団が、申込者提供情報(対象アスリートの個人情報を含む。)を、次の目的で利用することに同意します。
  ①当財団がアスリート登録及びスポンサー契約等の締結の可否を判断するため
  ②スポンサー契約の義務の誠実な履行又は適正な権利を行使するため
  ③スポンサー契約の継続、更新の可否を判断するため
  ④スポーツギフティングサービス利用規約(アスリート用)その他の規約等が定めた目的
(3)申込者は、当財団が、前条の利用目的に必要な範囲で、申込者提供情報を第三者に提供することに同意します。
(4)当財団は、申込者に対し、提供を受けた申込者提供情報について、保存又は削除の義務を負わないものとします。
(5)その他、申込者提供情報は、データに関するポリシー及び運営者のプライバシーポリシーに従い取扱うものとします。

5.本人特定事項の確認
本申込時には、申込者は、財団に対し、財団が指定する本人確認書類を提出の上、財団による本人特定事項の確認を実施する必要があります。また、マネジメント会社等、申込者以外の第三者への支払を希望する場合には、当該第三者についての財団が指定する方法で本人特定事項(法人の場合はその同一性に関する事項)の確認を実施します。

6.競技実績等の確認
当財団は、申込者の申込時及び過去の一定期間内の競技実績について、原則として各競技連盟が公式ホームページなどで確認し、これが確認できない場合にはアスリート登録をしません。ただし、申込者が別途競技実績を示す資料を提出し、当該資料をもって財団が競技実績を確認できる場合はこの限りではありません。

7. アスリート登録の判断
(1)当財団は、当財団の基準により、アスリート登録の可否について判断します。
(2)当財団が、申込者が以下の各号のいずれかの事由に該当するものと判断した場合には、アスリート登録を拒否することがあります。
①実在が疑わしい者による登録申込である場合
②財団に提供した必要事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがある場合
③未成年希望者の本申込において、同意書面を財団に提供しない場合
④暴力団員等(スポンサー契約第14条第1項にて定義します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて暴力団員等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等暴力団員等との何らかの交流もしくは関与を行っていると財団が判断した場合
⑤アスリート登録をすることで財団の社会的信用を損ねると財団が判断した場合
⑥過去に当財団からスポンサー契約を解除され、又はスポーツギフティングサービスのアカウントを廃止されたことのある申込者が、当該解除又は廃止日から起算し財団所定の期間を経過していない時点において本申込を行ったものである場合
⑦その他、当財団がアスリート登録を適当でないと判断した場合
(3)当財団はアスリート登録等の拒否の判断の理由又は経緯について開示する義務を負うことはないものとします。

8.当財団の提供するサービスの利用、スポーツギフティングサービスのアカウントID及びパスワードの通知
当財団がアスリート登録をする場合にはその旨とスポーツギフティングサービスを利用するために必要なアスリート用アカウントのID及びパスワードを申込者に通知します。

9. スポンサー契約の締結
当財団が前項の通知を発信したことをもって、当財団と申込者との間でスポンサー契約が締結され、申込者はスポンサー対象者となります。

10.スポンサー料の支払・支払先口座について
スポンサー料の支払は、スポンサー契約に従うものとします。また、スポンサー料の支払先は、原則として、日本の金融機関のスポンサー対象者本人名義の預金口座に限られます。例外として、スポンサー対象者本人名義以外の預金口座を支払先とする場合には、当該預金口座の開設者、指定の理由、口座開設者とスポンサー対象者との関係性等、財団所定の事項を申請し、財団の許可を得る必要があります。

以 上
上記事前同意事項をご確認し、同意をお願いいたします。 *
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of mixi, Inc.. Report Abuse