海外勤務経験者のストレス関連成長
海外勤務経験者のストレス関連成長尺度の開発

本研究は、海外勤務経験者の、海外勤務経験を通じた成長を測定する調査項目の開発を目的として行われます。本調査項目が作成されることにより、海外勤務経験を通じた成長が測定出来るようになるとともに、このような成長が海外勤務経験者にその後どのようなよい効果をもたらすのかを明らかにすることができると考えられます。

本調査は依頼文、回答の仕方、質問項目から構成されており、回答時間は約10~15分程度です。

【研究倫理に関わる注意事項】
・この調査への参加は強制されるものではありません。回答の可否はご本人の意思で自由に決めていただきます。
・答えたくない質問がある場合には、その質問を飛ばして次の質問に移ってください。
・回答を途中でやめたくなった場合には、すぐにやめていただいてもかまいません。
・回答しなかったり、回答を途中でやめたりしても、いかなる不利益も生じません。
・質問紙は無記名で(お名前を書かずに)お答えいただきますので、個人情報が外に漏れることはありません。
・今回ご協力をいただく質問紙調査の結果は、研究目的のみに使用され、統計的に処理され、学会発表や学会論文に投稿されます。個人の回答がそのままの形で公開されることはありません。
・回答の処理からデータ保管と処分まで、回答は厳重に保護されます。

<回答の仕方>
・あてはまる答えを一つだけ選んでください。

この研究は筑波大学人間系研究倫理委員会東京地区委員会の承認を得て、回答者の皆様に不利益がないよう万全の注意を払って行われています。調査協力への同意後においても、いつでも調査協力者となることを不利益を受けず随時撤回することができます。本研究の内容に関してご意見ご質問などございましたら、気軽に研究分担者または研究責任者にお尋ねください。

【研究責任者】
筑波大学人間系 准教授 大塚 泰正
Tel:03-3942-6852
E-mail: otsuka@human.tsukuba.ac.jp

【研究分担者】
筑波大学大学院人間総合科学学術院人間総合科学研究群カウンセリング学位プログラム
博士前期課程2年 野村 浩平
Email:s2040216@s.tsukuba.ac.jp

本研究の倫理的な問題につきましては,筑波大学人間系研究倫理委員会東京地区委員会(社会人大学院等支援室・研究支援担当)までご相談ください。
筑波大学社会人大学院等支援室・研究支援担当 E-mail: hitorinri@un.tsukuba.ac.jp
Sign in to Google to save your progress. Learn more
以上の注意事項をご理解の上、調査にご協力いただける場合は、下記の「同意します」の項目にチェックしてください。「同意します」にチェックいただいた方は、次の画面から始まる質問に進み、回答をお願いいたします。 *
Next
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy