収益と費用
各勘定科目を収益・費用に正しく分類し、財産法・損益法を用いて純損益の計算を理解しよう。
スピードマスター精選簿記演習や簿記問題集のページを開きながら、問題を解いていこう。
Sign in to Google to save your progress. Learn more
クラスを選択しなさい。 *
名簿番号を答えなさい。 *
1.企業の経営活動によって、資本が増加する原因を(  ア  )という。アに当てはまる言葉を答えなさい。 *
2.企業の経営活動によって、資本が減少する原因を(  イ  )という。イに当てはまる言葉を答えなさい。 *
3.①次の勘定科目のうち、収益に属するものを答えなさい。(複数回答可) *
Required
4.② 前問の勘定科目の中から費用に属するものをすべて答えなさい。 *
5.精選簿記演習P3②-2資料から収益総額を求めなさい。 *
6.収益勘定でないものを答えなさい。 *
7.費用勘定ではないものを答えなさい。
Clear selection
8.収益総額ー費用総額=当期純利益で計算されるが、差額がマイナスの場合は何となるか。 *
9.商品売買益200、受取手数料50、受取利息20、給料100、支払利息50の収益総額と費用総額を計算し、答えなさい。 *
10.期首の時点では¥1,000の資本があり、1年の経営活動を経て期末に当期純利益が¥200出た。この会社の期末資本はいくらになるか答えなさい。 *
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy