2018年度大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査
全国の大学院生の皆様
お忙しい中、本アンケート調査にご協力いただきありがとうございます。

1.本アンケート調査の趣旨
本調査は、全国大学院生協議会(全院協)が行う、全国の大学院生を対象としたアンケート調査です。大学院生の研究及び生活実態を客観的に把握し、もってその向上に資することを目的としております。
全院協は、全国の院生協議会・院生自治会によって構成される連合体で、大学院生の声に基づき、研究・生活条件を向上することを主な目的として活動しております。全院協では2004年度以来毎年アンケート調査を行い、調査結果を「報告書」としてまとめ、文部科学省、財務省、国会議員および主要政党等に対して、学費値下げや奨学金の拡充などの要請を行っております。また、これらの調査により明らかとなった大学院生の深刻な実態は、NHKや朝日新聞をはじめとした各種マスメディアでも取り上げられ、社会的に大きな反響を呼びました。
しかし、学費・奨学金等の重大な問題が存在するにも関わらず、大学院生の実態に関する全国的な調査は、全院協以外では行われておりません。より多くの方々に回答いただき、調査の精度を高め、問題を広く社会に発信していくことが求められております。そこで、本調査は、本Webフォームのほか、加盟院生協議会・自治会を通じてお届けする紙調査票も利用して、より多くの方々へ回答をお願いしています。各研究室、専攻内でも多くの方が回答いただければ調査の精度が高まり、より多様な大学院生の実感が反映されることになります。本調査へのご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

2.個人情報の保護
本アンケート調査で得られた情報は、以上に述べた目的以外に使用されることはありません。また、個人が特定される形で調査結果をまとめることはありません。回収された調査票は、調査結果がまとめられた段階で完全に廃棄されます。

3.調査票への記入の仕方
・ 本調査票はこのページを含め、計10ページあります。
・ 設問はすべて該当番号の選択式となっています。該当する番号に○を記入して下さい。
・ 質問項目欄に複数回答可と、特に注意がある場合を除き、1つだけ該当番号を選んで回答して下さい。
・ 自由記述欄を設けている質問項目については、何かあればできるだけ具体的に書いて下さい。
・ 本アンケートの回答にかかる所要時間は約10分です。よろしくお願いします。

2018年6月11日 全国大学院生協議会
〒186-0004 東京都国立市中2-1 一橋大学内院生自治会室気付
電話・FAX:042-577-5679
E-mail:zeninkyo.jimu@gmail.com
全院協ブログURL: http://zeninkyo.blog.shinobi.jp

Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms