第二回N3試験問題。読解
Đây là bài Test đánh giá kết quả học tập của học viên theo mỗi bài học! Giúp cho học sinh đánh giá lại kiến thức của mình, cũng như giúp cho học sinh nắm bắt được kiến thức mình đến đâu để cải thiện lại kiến thức!
----------------------------------------------
TRUNG TÂM CHỮ HÁN ĐƠN GIẢN - I LOVE KANJI
Địa chỉ: Tòa nhà 2A-2B ngách 34 ngõ 68 Cầu Giấy, TP Hà Nội
Hotline: 0987.731.300
--------------------------------------------
✪ Copyright © #chuhandongian
Email address *
問題Ⅳ
次のE‐メールの文章を読んで、下の質問に答えなさい。
24-25
 差出人:k-takeda@takaracity.jp
 日時:20XX年3月10日
 件名:( )
------------------------------
 中村 進 先生
 ごぶさたしております。たから市役所市民生活課の武田です。
 昨年の講演の際には、大変お世話になりました。先生の講演はとても評判がよく、
次回もぜひという声が多く上がっております。つきましては、本年もまたお願いいたしたく、ご連絡申し上げました。
 場所は昨年と同じく、たから市民会館ホール、日時は5月3日午前3時よりを予定しておりますが、先生のご都合はいかがでしょうか。今回は「50歳からの生き方について」という内容でお願いしたいと思います。
 宜しくご検討くださいますよう(注1)お願い申し上げます。

 たから市役所市民生活課
 武田健一
 k-takeda@takaracity.jp
 tel. 012-345-6789
(注1) ご検討(けんとう)くださいますよう : 考えていただくように

[24] 件名の ( ) に入る言葉として最も適当なものはどれですか
1 point
[25] この文章の内容とあっているものはどれですか。
1 point
26-27
20XX年8月3日
高橋 光一 様
                                    株式会社 GTS
                                   カスタマーサービス
                                      木村 健
先日お買い上げいたしました電子辞書の画面(注1)に問題がありご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。ご返品(注2)いただいたものを調べましたところ、ライトがうまく作動して(注3)いなかったことで、画面が暗くみにくかったということでした。早速、修理いたしまして別便でお送りさせていただきました。今度は二度とこのようなことが起きないように製品のチェックを強化いたします。本当に申し訳ございませんでした。なお、おわびの印(注4)とて商品割引券を同封させて(注5)いただきました。お使いいただければ、幸いです。
注1) 画面 : (この場合)文字の現れる部分     
(注2) 返品    : 買った品物を返すこと
(注3) 作動する  : 機械などが動く    
(注4) おわびの印 : 「すみません」という気持ちを表した品物
(注5) 同封する : 手紙の中に一緒に入れる。

[26] この手紙は何を伝えるために書かれたか。
1 point
[27]  この手紙を読んで、わかることはどれですか。
1 point
問題Ⅴ
次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。答えは、1・2・3・4から
     一つ選びなさい。
28-30
昔は(人生50年)と言われましたが、現在では、その後約30年の人生があるのが当たり前になりました。人は、生きる目標が必要な動物です。目的もなく、だらだらと(注1)生活することはとてもつまらないものです。
 若いときなら、何かを始める場合に特別な大きい障害(注2)はありません。体も動くし、頭も柔らかいです。新しいことをどんどん吸収できます。スポーツでも勉強でも、やる気になったものをある程度の形にするのは比較的簡単でしょう。しかし、50才を過ぎると、体も硬くなり、物覚えも(注3)悪くなります。若い時のように何にでも挑戦できる(注4)という状態ではなくなってしまうのは、事実なのです。

 けれども、つぎのように考えてみてはどうでしょうか、若いときなら、5年でマスターできることを、その倍の時間がかかったとしても10年。それでも残りの人生はまだ20年あるのです。(そう考えれば)、50才から始めても決して遅くはありません。もう年だからと、あきらめず、常に新しいこと、やりたいことに挑戦し続けることは大変です。これは、人生80年という時代の(ひとつの生き方)だと思います。

(注1) だらだらと : 無意味に怠けて時を過ごすこと。
(注2) 障害    : 身体器官に何かのさわりがあって機能を果たさないこと。
(注3) 物覚え  :  物事を覚えること。  
(注4) 挑戦する : 戦いを挑むこと。

  [28] (人生50年)というのはどういう意味か。
1 point
[29] (そう考えれば)とはどういう意味か。
1 point
[30] (ひとつの生き方)はどういう生き方か。
1 point
31-33
たくさんの人が行き来する(注1)駅で、大きなかばんを持った海外からの旅行者を見かけた。ガイドブックを片手に、とても不安そうな様子を見て、思わず「何かお困りですか。」と①英語で声をかけた。「京都へ行くホームには、どう行ったらいいの?」
「ああ、それなら八番ホームかな」と言いながら、
「大丈夫だろうか。知らない国で、日本語も出来ない。ここは人が多いし、道に迷ってしまうかもしれない。途中まで案内してあげよう。」そう思って、② 「では、私について来てください。」
と言った。このくらいの英語はなんとか分かる。困ったとき、親切にしてもらうのはうれしい。
私にもそんな経験がある。イタリアの田舎で道に迷い、バスもタクシーも見つからなかったとき、言葉も分からない私に親切にしてくれたおばあさんが懐かしい。あのおばあさんにしてもらったように、少しは私もいいことができたかなと考えながら、③ いい気分で家へ帰ってきた。

「31」  ① 「英語で声をかけた」 が、何のために声をかけたのか。
1 point
「32」  ② 「では、私について来てください。」 といったのはどうしてですか。
1 point
「33」  ③ 「いい気分で家へ帰ってきた」とあるが、どうしていい気分だったのか。
1 point
34-37
 ポチの鳴き声で僕は目が覚めた。
 眠たくてたまらなかったから、うるさいなとその鳴き声をおこっているまもなく、真っ赤な火が目に映ったので、驚いて両方の目をしっかり開いてみたら、戸棚の中じゅうが火になっているので、(二度)驚いて飛び起きた。そうしたら、僕のそばに寝ているはずのおばあさんが何か黒い布(きれ)(注1)のようなもので、夢中になって戸棚の火をたたいていた。 (中略)
 部屋の中は、障子も、壁も、床の間も、違い棚(注2)も昼間のように明るくなっていた。おばあさんの影法師(注3)が大きく、それに映って、化け物(注4)か何かのように動いていた。 (中略)
 火事なんだ。おばあさんが一人で消そうとしているんだ。それがわかるとおばあさん
一人ではだめだと思ったから、ぼくはすぐ部屋を飛び出して、おとうさんとおかあさんとが寝ている離れ(注5)のところへ行って、「おとうさん……おかあさん……。」と思い切り大きな声を
出した。
 僕の部屋の外でないていると思ったポチがいつの間にか、そこに来ていて、きゃんきゃんとひどく鳴いていた。ぼくが大きな声を出すか出さないかに、おかあさんが寝巻き(注6)のままで飛び出してきた。
 「どうしたというの?」とおかあさんはないしょ話のような小さな声で、ぼくの両肩を
しっかり抑えてぼくに聞いた。「たいへんなの……。」
[たいへんなの、ぼくの部屋が火事になったよう。」と言おうとしたが、どうしても「たいへんなの。」きりであとは声が出なかった。

(注1) 布    : 布のこと
(注2) 違い棚 : 床の間などにある高さの違う2枚の棚
(注3) 影法師 : 影のこと
(注4) 化け物 : モンスター、物語などに出てくる実際にはいない怖い生き物
(注5) 離れ : 同じ家だが、少し離れて建てた部屋
(注6) 寝巻き : 寝るとき、着る物

  [34] (二度)はいつといつか。
1 point
35. 誰が何のために、火をたたいていたのか。
1 point
  [36] それがわかると の「それ」は何をさすか。
1 point
「37」 「…声が出なかった」 と書いてあるが、ここからぼくのどんなようすがわかるか。
1 point
問題Ⅶ
次の文章は、スーパーのポイントカードの案内である。下の質問に
      答えなさい。答えは、1・2・3・4から一つ選びなさい。
38-39アンさんは、よく行くスーパーあさひ屋のポイントカードを作ろうと思っています。アンさんは、スーパーあさひ屋ではいつも食料品(しょくりょうひん)を買い、買い物をするときは買ったものを入れるバッグを持っていきます。
 「38」ポイントカードを作るにはどうすればいいですか。
1 point
「39」 Aさんは1月25日にポイントカードを作り、その日に2635円買い物をした。お買い物用バッグを持って買い物をしました。何ポイント貯(た)めることができるか。
1 point
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google.