形の細胞生物学:理論と実験で迫る
ERATO 水島細胞内分解ダイナミクス・公開シンポジウム
形の細胞生物学:理論と実験で迫る

2021年11月11日 (木) 13:30-18:00 (日本時間)
オンラインZoom
オーガナイザー : 境祐二, 水島昇 (東京大学)

13:30-16:20 第一部 シンポジウム(日本語)
 13:30-13:35 はじめに
 13:35-14:05 オートファゴソーム形成の膜物理(境 祐二)
 14:05-14:35 ミトコンドリアを形成する力(立川 正志)
 14:35-15:05 人工細胞を用いた細胞の形の物理(柳澤 実穂)
 15:05-15:20 休憩
 15:20-15:50 I-BARドメインによる細胞突起と細胞外小胞の形成(末次 志郎)
 15:50-16:20 対話的深層学習による細胞内超微細構造解析(平林 祐介)

16:30-17:30 第二部 特別公演(英語)
 Mechanics of shaping intracellular membranes(Michael M Kozlov)
17:30-18:00 オンライン意見交換会


以下、参加登録フォームです。
後日、登録くださったメールアドレスにzoomアドレスが送付されます。
Sign in to Google to save your progress. Learn more
ご氏名 *
メールアドレス *
ご所属 *
オンライン意見交換会に参加しますか?
Clear selection
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 東京大学医学部医学系研究科. Report Abuse