なまえのない遊び -いろんなひとのからだとかんかくを体験しよう!-
みんなで夢中になったり、こっそり一人で楽しんだり、子供の頃に誰から教わったでもない、けれどみんなが頷いてしまう「なまえのない遊び」。本ワークショップではその「なまえのない遊び」ヒントに、新しい遊びをつくります。

背中に羽がついていたら、腕が5本あったとしたら、魚のように泳げたら。世界にもしも音がなかったら、みんながふわふわと浮いてしまう空気で満ちていたら。”からだと環境”が違ったら私たちはどんなふうに街を作り、どんなふうに生活し、そしてどんなふうに遊ぶのでしょう。

からだや感覚の違う人々や子供達の「なまえのない遊び」を通して、子供達とともに私たちの未来をどうしていくかを考える、ワークショップと展示を行います。

-MADE-
2020 年を見据え、誰もが過ごしやすい未来をめざして、街に住む人が自分たちで街をデザインしていく場づくりを行う。高齢者や子供、障害者とともに、未来の生活、生き方のデザインを考え、その情報を発信。その仕組みを、様々な場所で展開していくことを目指し活動するチーム。

開催概要
8月23日

「なまえのない遊び -からだを自由に作ってみよう!-」

「からだを自由に作ってみよう」
様々な素材を使って自分の手や腕、足を作ったり新しく3つ目の腕を生やしたりします。自分の体についてよく知るとともに、どんな体になったらどう世界の見え方が変わるだろうか、街の見え方や過ごし方はどんなふうになっていくかな?
身体をもういちど考え直し作ってみることで、自分のからだ、となりの人のからだについて考えつなぐ機会を作ります。

日時:8月23日(火曜日)
13:30〜15:00
材料費:300円
対象年齢:中学生以下(小学生以下は保護者同伴)
募集人数:12名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月24日

「なまえのない遊び -音のない世界で伝えるを創ってみよう!-」

「音のない世界で伝えるを創ってみよう!」
音のない世界ではどんなふうに伝えてみたらいいのでしょう?音を使わずに伝えるにはどんな方法があるのでしょう?
本ワークショップでは音のない世界でどんなふうに伝えることができるか、音のない世界でどんなことができるのかをみんなで考えてみます。遠くの人と話したり鏡を使って話してみたり!目でしゃべる、手でしゃべる、からだでつたえたらどんなふうにつたわるんだろう!音のない世界から伝えるをかんがえてみよう。

日時:8月24日(火曜日)
13:30〜15:00
材料費:300円
対象年齢:中学生以下(小学生以下は保護者同伴)
募集人数:12名

参加者氏名
Your answer
参加者フリガナ
Your answer
参加者性別
年齢・学年
保護者氏名
Your answer
メールアドレス
Your answer
緊急連絡先
Your answer
参加希望クラス
Required
障害について
上記で有と答えられた方でご配慮が必要な場合ご記入ください
Your answer
伝言等ございましたらご記入ください
Your answer
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms